Read Article

「家族とクレアールのおかげで合格」Tさん

合格体験記

Tさん

  • 受験回数:2回
  • 受講コース:スピードマスターセーフィーSコース

 

行政書士を志した動機

独立開業ができる資格だからです。業務の分野は多岐に渡ると思いますが、特に相続や遺言など人生の終局に関する分野に携わりたいと思い志しました。「敷居は高くないが専門性と差別化要素を持っているような存在」を目標としています。

 

クレアールを選んだ理由

価格、体験動画、モバイル環境が決め手でした。私の生活環境から考慮するとクレアールがベストだと思いました。

1回目の反省から

1回目の受験は2015年に独学で臨んでおり、勉強量が全く足りず落ちるべくして落ちました。本気度が足りなかったといえばその通りですが、当時は育児が大変で、試験当日に妻から「(受けても受かりそうにないのなら)今日は行かないで欲しい」と言われたことが印象に残っています。その後生活環境が落ち着いてきたこともあり、もう一回挑戦しようかなと思い立ったのが2017年の7月末でした。2015年に同じく落ちるべくして落ちた宅建も同時に取ろうとしたため日程がかなり厳しかったです。そこで行政書士はペースメーカーがあった方がよいと思い、見つけたのがクレアールでした。

価格

このコースは破格の設定だと思いました。お小遣いから出せる金額で、合格のキャッシュバックも太っ腹です。やる気が出ました。

体験動画

試聴してみて間違いないと思いました。クレアールの行政書士講座の講師陣は質が高いと思います。

モバイル環境

通勤時間が往復約3時間もかかるのでモバイル環境で勉強できることが必須でした。この点クレアールは非常に優れていると思いました。

 

クレアールで良かった点

コストパフォーマンスが最高

質の高さに比べて価格が非常に良心的です。しっかりこなせば合格レベルに達することができるように考えられて作られていると感じました。

教材をPDFで提供している点が素晴らしい

私の生活環境下ではこれが一番ありがたかった点です。嵩張るテキストを持ち運ぶことなく効率良く学習できました。

竹原講師

重要論点マスター講義、記述マスター講義を受講しましたが、竹原講師の講義はテンポ良く的確に進められて無駄がなく素晴らしいと思いました。

0.5~2倍速再生

講義は1回しか視聴する時間がありませんでしたが、民法までは1倍速、行政法からは1.25~1.5倍速、直前期は2倍速で視聴していました。

 

具体的な学習方法

時間的に講義を聴いて問題を解くだけでも大変でした。結局答練と模試は時間がなくてこなし切れませんでしたが、内容には目を通し、過去問の復習を優先したことが結果的には間違っていなかったと思います。記述は配点が大きく合否に直結すると思っていたので、条文を中心に40字程度になる文章を大量に自作していました。本番での記述の得点はかなり残念な結果だったのですが、苦手意識を持つことなく臨めたのはよかったと思います。

 

失敗談から

試験当日は心身の状態を整え会場へは余裕を持って行くことが大事だと感じました。私は睡眠時間や食事の一部も削って満身創痍に近い状態で臨んでしまい、しかも試験会場に余裕を持って行かなかったせいで、会場で見るつもりだった自作資料の確認もできませんでした。直前にどこまで頑張るのか心身とのバランスを取るのは難しかったですが、少なくとも会場へは余裕を持って行くくらいの落ち着きは必須だと痛感しました。

 

家族への感謝

家族の協力なしには合格は成し得なかったです。8月下旬に妻に計画を話し、仕事以外の時間は勉強に当てさせてもらう合意が取れたのが大きかったです。そのおかげで勉強に集中することができ、なんとか宅建と行政書士試験両方ともギリギリで合格することができました。感謝しています。

 

 

Return Top