Read Article

「司法書士の受験知識」を活用して3ヶ月で行政書士を目指せる!

3科目が重複しているから、短期合格が可能に!

行政書士試験と司法書士試験は、法令科目での「憲法」「民法」「商法・会社法」が重複しています。重複科目は、司法書士試験の学習をしていれば、行政書士試験に充分に対応できるレベルです。したがって、行政法と一般知識科目を中心に学習していけば、短期間で合格レベルに達することができます。特にこの試験は、行政法と並んで民法が合否を分ける科目になると言われています。民法に強い司法書士受験生にとっては、非常に有利になります。

 

行政書士試験ガイド

■ 受験資格
年齢、性別、学歴などに関係なく誰でも受験できます。
■ 試験内容
択一式および記述式(3時間/60問)
・ 法 令 科 目(46問)…業務に関し必要な法令等について問われる。憲法、行政法、民法、商法・会社法、基礎法学
・ 一般知識科目(14問)…業務に関連する一般知識等について問われる。政治、経済、社会、情報通信、個人情報保護、文章理解
■ お問い合せ
(財)行政書士試験研究センター
〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 全国町村議員会館3階 tel.03-3263-7700(試験専用)

 

〔2019年合格目標〕 司法書士受験者対象 行政書士コース

  • 総学習時間143時間

司法書士試験科目を除いた「行政法」「一般知識」を中心としたカリキュラム

カリキュラム

司法書士受験者対象 行政書士コースお申込特典

★受験料クレアール負担
2019年行政書士本試験の受験料(7,000円相当)は、クレアールが全額負担します。
★学費ローン無金利
12回払いまで金利は当校で負担します。

受講料

学習スタイル 一般価格 特別割引価格(7月末迄)
Web通信 97,300円 39,800円
オプションDVD 20,000円 5,000円
オプション答練資料 7,500円 1,000円

●入学金は不要です。価格は消費税・教材費・送料込みの金額です。●他の割引制度との併用はできません。●オプションのみのお申し込みはできません。●2020年目標のカリキュラムにつきましては、都合により変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

 

〔2019・2020年合格目標〕 司法書士受験者対象 行政書士2年セーフティコース

  • 総学習時間281時間

2020年まで対応の司法書士試験科目を除いた「行政法」「一般知識」を中心としたカリキュラム

カリキュラム

※「重要論点マスター講義」のテキストは、「行政法」「一般知識」のみお渡し致します。
※2020年合格目標の各講座では最新教材を新たにお渡し致します。

司法書士受験者対象 行政書士2年セーフティコースお申込特典

★受験料クレアール負担
2019年行政書士本試験の受験料(7,000円相当)は、クレアールが全額負担します。
★合格お祝い金制度
2019年行政書士試験に合格したら、2万円を進呈します。(体験記執筆等にご協力ください)
★未受講分返金制度
2019年行政書士試験に合格したら、2020年目標分の受講料(2万円相当)を返金します。
★学費ローン無金利
12回払いまで金利は当校で負担します。

受講料

学習スタイル 一般価格 特別割引価格(7月末迄)
Web通信 125,500円 49,800円
オプションDVD 30,000円 10,000円
オプション答練資料 15,000円 4,000円

●入学金は不要です。価格は消費税・教材費・送料込みの金額です。●他の割引制度との併用はできません。●オプションのみのお申し込みはできません。●2020年目標のカリキュラムにつきましては、都合により変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

 

合格者の声

松野 紗里さん

「司法書士試験の勉強を活かして3ヶ月の勉強で行政書士試験に合格」

土日の休日にWEBで授業を一気にまとめて受講をし、平日の通勤時に授業で学んだ箇所の過去問を解くようにしていました。授業で多少理解できない箇所があっても先に進むようにしました。一通り授業を終えてから振り返ってみると理解できるようになる事もあるからです。行政事件訴訟法などは民事訴訟法に類似していたため、理解しやすかったです。憲法、民法、商法・会社法の10年分の過去問と記述対策用の問題集も講座に付属されていたので、こちらも講義と並行して一通り解き、間違えた箇所は繰り返し解きました。私は最後まで一般知識に自信がなく不安を抱いていましたが、足切り点さえ超える事が出来れば良いと割り切り、予想問題集等はやらずに、過去問を中心に学習しました。個人情報の分野等は毎年のように出題されているので得点源になり、落としてはいけない必須分野だと思います。

 

Return Top