Read Article

行政書士合格体験記 岡崎 裕年さん

合格体験記

岡崎 裕年さん

  • 受験回数 3回
  • 性別 男性
  • 職業 会社員
  • 合格までの年数 3年
  • 試験までの総学習時間 不明
  • 行政書士試験を受験した動機 法律の知識を深めるため
  • クレアールを選んだ理由 価格が安い

科目別学習方法

得意科目

行政法(条文数が少なく、出題範囲が狭いので得点源にしようと考えました)

苦手科目

民法(条文数が多いため網羅するのは大変ですが、ポイントを絞って講義をしていただいたので、この内容の復習を繰り返しました)

過去問攻略法

過去問は早い段階で一通りマスターすることで、行政書士試験の傾向をつかみました。

一般知識攻略法

普段から新聞を読み、時事ネタを習得すると同時に、講義での情報公開法などの講義を反復して復習しました。

記述式攻略法

記述式問題についてはクレアールさんのカリキュラムに感謝です。良質な問題をひたすら解くことで、今まで苦手意識の強かった記述問題が得意科目になりました。記述問題を数多く解くことで、知識、テクニックの習得が自身につながったのが今回合格できた大きな要因だと感じています。最近の資格試験の多くがマークシート中心です.しかし行政書士試験の特徴であり、難関である記述問題を得点源にできたのは繰り返しになりますが、クレアールさんの講義のお陰で本当に感謝しています。

多肢選択式問題攻略法

多肢選択式問題攻略法は択一式及び記述問題対策の知識を活用し、特段対策はしませんでした。

モチベーション維持法

2回目の試験(独学)では176点で択一式があと1問で涙を飲みました。この悔しさを忘れずに、また3回目は必ず受かるという強い意志で講義を受けたことで最後までモチベーションを維持することができました。

モチベーションを維持するために、ユーチューブでカロリーメイトのCM「見せてやれ底力」編を見て自分を奮い立たせたりもしてました。

試験当日までクレアールの教材に絞り、他の参考書は一切使いませんでした。クレアールは非常に問題が豊富ですので、実際他の教材まで手を広げる必要なく、また時間もありません。繰り返し豊富な問題を解くことで、正確な知識の定着を実感し本番での発揮
をすることができました。

もちろん早い時期から試験対策はすべきです。しかし、モチベーションが維持できなければ、試験本番に自分を最高の状態にすることができません。夏までは知識を覚え、忘れてまた覚えるの繰り返し。お盆過ぎからは試験を意識し、集中して問題に取り組むことで本番では最高のモチベーションで試験を楽しむことができました。

最後に

運の実力のうち、といいます。私の場合は数ある通信教育の中からクレアールさんと巡り会えたのが今回合格できた運だったと感じています。

国家試験は試験当日から合格発表までが非常に長いです。行政書士も11月の上旬に試験があり、合格発表は翌年1月末日です。この間は、受験生皆さんが何ともモヤモヤとした不安気持ちを持ち続けることでしょう。結果発表は本当に待ち遠しいものです。だから合格通知を手にした時は本当に嬉しいものです。

画面を通じて伝わってくる講師の熱弁、丁寧な講義が懐かしい思い出です。直接お礼を申し上げたいのですが、こうして合格体験記を通じて、感謝の言葉とさせていただきます。ありがとうございました。

Return Top