Read Article

「充実したテキストとわかりやすい講義で効率的に理解を深められた」三浦 唯秀さん

合格体験記

三浦 唯秀さん

  • 受験回数:2回(クレアール受講後は最初のお試し受験で合格)
  • 性別・年齢:男・55歳
  • 職業:会社員
  • 合格までの年数:2年
  • 1日の平均学習時間:毎日平均1時間
  • 試験までの総学習時間:約500時間

 

行政書士を目指したきっかけ

最近、2名の知人が行政書士試験に合格し開業したため、行政書士に興味を持ちました。また、行政書士の試験科目である民法、商法、行政法等の知識は、会社の業務にも役立つため、行政書士資格取得を目指しました。

 

クレアールを選んだ理由

最初の1年目は、某社の通信教育講座で学習しました。重要事項にまとを絞った学習内容であり、取り組みやすいと思ったからです。テキストを中心に学習を行い1回目の試験に臨みましたが、5割程度の正解率で不合格でした。受験して感じたことは、行政書士試験では、民法、憲法等、法律内容、判例を理解していなければ、合格はおぼつかないということでした。

2年目の受験に際して、深く法律の学習ができる通信教育を探していたところ、クレアールの司法書士とのW受講コースが目に留まりました。法、商法、憲法等の試験科目が同一で、深く法律の学習ができると考え、中上級W受講2年セーフティコースに申し込みしました。

送られてきた教材は、行政書士、司法書士両方の教材が送られてきており、その充実ぶりに驚かされました。クレアールの教材は、行政書士講座のテキスト、問題演習で充分深く法律の学習ができるレベルのものであると感じました。

 

具体的な学習方法

行政書士3WAYテキスト(※)に沿って、行政法→憲法→商法→一般知識→民法の順でDVDにて講義視聴を行いました。3WAYテキストは、押さえておかねばならない重要事項、判例文、過去問を網羅しており、加えて講義も非常に理解しやすいものでした。テキスト学習と並行して、クレアールから送られてくる、科目別パーフェクト答練、解きまくり総合答練、公開模試、そして市販の予想試験問題を土日に図書館にて模擬受験して、試験に慣れるようにしました。答練、模試の解説DVDも非常にわかりやすく、スムーズに学習をすることができました。

※編者注:3WAYテキストは2018年合格目標より「マルチパステキスト」としてリニューアルされました。

 

本試験での状況

1回目の試験では、法律の条文、判例に対する学習が不十分であったため、時間配分を間違え、時間が足りませんでした。2回目の試験では、クレアールのテキストのおかげで、法律の条文、判例に対してある程度の学習ができていたため、見直しの時間も取れました。しかしながら、手ごたえがあった分、緊張で手が震え記述問題でミミズが這ったような字となってしまい、採点者に読めたのか不安でしたが、無事合格することが出来ました。

 

クレアールで良かった点

教材が非常に充実しており、重要事項、判例、過去問を網羅している、3WAYテキスト(※)は、法律に対して深い学習を行うことができ、また講義もわかりやすく効率的に理解を深めることができました。

又、セーフティコースは、お試し受験のシステムがあり、本試験の雰囲気を経験するのに非常に役立ちました。お試し受験費用をクレアールが負担していただけるのも、非常に魅力的でした。私はおかげさまで、行政書士試験においては、お試し受験にて合格させていただいたため、未受講分の返金も受けられることで、合格との二重の喜びです。ありがとうございます。

※編者注:3WAYテキストは2018年合格目標より「マルチパステキスト」としてリニューアルされました。

 

今後について

今年の司法書士試験までW合格コースが継続しておりますので、司法書士試験の合格を目指します。実のところ、司法書士試験の勉強は講義をかじった程度でほとんど進んでいない状況ですが、試験日まで頑張って学習し、今年不合格の場合でも、来年もクレアールの教材にお世話になろうと思っております。とにかく行政書士試験に合格できたのは、クレアールのおかげです。ありがとうございました。

 

Return Top