Read Article

「事務の方が親切かどうかは、実は大切なポイント!この点クレアールさんは最高です!」 M・Tさん

合格体験記

M・Tさん

  • 受験回数:4回(内記念受験1回)

 

1 はじめに

この合格体験記をご覧いただいているということは、クレアールさんでの講義のご受講を検討していらっしゃる事と思います。クレアールさんは低廉な受講料に対し、講義の質、量が充実しており、事務の方も大変親切です。自信を持っておすすめします。

 

2 行政書士を志した動機

子供が産まれ、もしも会社に万が一の事態が生じても、自分や家族が生きていける術が必要だと思い行政書士試験を志しました。

 

3 クレアールさんを選んだ理由

圧倒的なコストパフォーマンスです。これだけの内容で、このお値段というのはちょっと他ではあり得ないです。申込前に同じ価格帯の複数の他社を比較しますと、この様なことがありました。クレアールさんはこれらの問題にすべて対応済みです。

クレアールと比較した同価格帯の他社講座で有ったこと
  • 無料又は低価格と説明されていても、実際には有料講座を受講したら10万円以上を超える受講料が必要となる。
  • アウトプットはわずかな過去問題対策しか受講できない。答案練習、直前対策に対応していない。対応していたとしても量が少なすぎる。
  • 講義時間が、圧倒的にクレアールさんより少ない。
  • スマホでの受講に対応していない。
  • 教材をPDF配布していない。

また私がクレアールさんに決めた他の理由は、事務の方のご対応が親切だからです。というのも私は別の資格講座でクレアールさんのお世話になったことがあるのですが、その際にも事務の方に非常に親身になっていただき、受講前から恩を感じていました。今回の行政書士講座においても、色々とお手数をおかけすることがありましたが、いずれも迅速かつ親切にご対応いただきました。

事務の方のご対応は表にはなかなか出ませんが、受講してみると本当に大切なことです。例えば私は紙のスケジュール表をエクセルでいただけないかとお願いしたことがあるのですが、快くエクセルの計画表をくださいました。こうしたメニューにはないのだけれど、受講生の要望に柔軟かつ親切に応対いただける事務の方がいらっしゃるというのは、実は通信講座を受講するに当たっては重要なポイントであろうと思います。そうした面でも私はクレアールさんを推奨させていただきます。

 

4 科目別学習法

先生のおっしゃるとおりに、学習なさったら良いと思います。個人的に役に立ったと思う書籍を記載いたします。

①憲法

該当なし

②行政法

【行政法 櫻井 敬子、 橋本 博之】
この本は受験生の大半が読んでいると思われますので、この本に書いてあることで自分だけが知らないのは怖いので読みました。
【つかむ・つかえる行政法 吉田 利宏 (著)】
この筆者は例え話が上手で、本当にわかりやすく解説してくださいます。

③民法

【伊藤真の民法入門 伊藤 真 (著)】
入門時に全体像を把握するのに適しています。図解や表は、後々暗記に役立ちました。

④基礎法学

【元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術 吉田 利宏】
上記と同じ理由です。この筆者は例え話が上手で、本当にわかりやすく解説してくださいます。

⑤商法・会社法

【マンガはじめて司法書士 会社法 5訂版 マンガでわかる資格試験シリーズ 富田太郎 (著),井上のぼる (著)】
会社法はとっつきにくいので、漫画でアウトラインを頭に入れておくのは有益でした。司法書士試験の方が行政書士試験より細かな内容が問われますので、漫画といえども司法書士試験向けの書籍は十分な情報量でした。

⑥一般知識

特になし。

⑦その他

【ゴロ合わせ行政書士 宇塚悠介 (著), 大内容子 (著),資格スクエア (編集)】
試験は暗記と割り切らないといけない部分もあると思います。他の方がすでに考えていただいた語呂合わせを利用するのも、記憶時間のショートカットになろうかと思います。
【漫画カバチタレ! シリーズ 田島 隆 (原著),? 東風 孝広 (著)】
舞台が行政書士事務所なので、自分が行政書士として独立した時をイメージするために読んでいました。特に受験勉強がしんどいなぁと思ったとき読んでやる気を高めていました。

 

5 今年の本試験を振り返って

今年の本試験は特に一般知識が簡単でした。一般知識は範囲が広くなかなか勉強しづらいですし、勉強時期が終盤になるため対策が遅くなります。月並みではありますが、日々日経新聞等により、経済用語等に触れておくことが大切かと思います。

 

6 さいごに

受験生活中は家族に大変迷惑をかけました。支えてくれた家族に心から感謝します。またクレアールさん、大変お世話になりました。先生方、事務方のみなさん、ありがとうございました。

 

 

Return Top