Read Article

「自分の得意・不得意を分析し配点を考慮して合格点を突破することが鍵」 K.Yさん

行政書士試験を受験した動機

当時、諸事情により仕事を辞めていたのですが、日々家事のみの生活に物足りなさを感じ、何か自分を少しでも高められるもの、目標となるものが欲しいと考えていました。そんな折、たまたま図書館で手にした法律関係の本(といっても漫画ですが)が意外と面白かったため、法律の勉強をしてみたいと考えるようになりました。ただ、どうせ勉強するなら目標をもって資格という形に残したいと考え、また、以前実家で行政書士の方に仕事をお願いしていたことを思い出し、この資格を目指してみることにしました。

行政書士の受験勉強について

行政書士の資格は独学でも取得は可能だと思います。(こんなことを学校の合格体験記で書いていいのかと思われるかもしれませんが・・・)しかし、短期間で効率よく、合格可能性を高めていくためには、資格専門校を利用したほうが断然いいのではないかと思います。

実際、私は当初、書店で販売されている行政書士受験者向けの参考書や過去問・問題集を購入して、独学で勉強していました。しかし、自分が正しい勉強方法をとっているのか、ちゃんと実力がついているのか不安になり、8月よりクレアールの「答練パック」を受講しました。答練の解説をDVDで見ると、そのポイントをおさえたわかりやすい解説に「こんなことなら最初からクレアール1本に絞って学習をしておけばよかった」と後悔しました。

また、結局独学では色々なものに手を出してしまいがちなので(私もほとんど使用しなかった問題集が1-2冊あります)、費用対効果の面から考えても講義から答練までをセットにしたパックコースを初めから受講したほうが、無駄がないのではないかと思います。

クレアールを選んだ理由

以前、通関士の勉強をした時、クレアールを利用したことがあり、当時は海外で通信コースを受講していたのにもかかわらず、親切な対応をしていただいた覚えがあったからです。

学習方法

独学で勉強をスタートしていたため、書店で購入した書籍を見ながら何とか自分なりに理解をし、一通り学習したら、その内容の過去問を解くというスタイルで進めていきました。ただ、これについても、クレアールの講義を最初から受講していたら、もっとスムーズに効率的に理解を深められたのではないかと思います。

《基礎法学・憲法》

あまり時間をかけず、基本的な事柄・判例をおさえるようにしました。

《民法・行政法》

配点の高い科目なので、重点的に勉強するようにしました。過去問は3~4回ほど回しました。また、答練の復習もできるだけしました。

《商法・会社法》

5問中2問は正答できるように、過去問・答練を中心に基本をおさえました。

《一般知識》

政治・経済・社会については何が出るかわからないこともあり、基本的な知識を一通りおさえただけですが、情報通信・個人情報保護に関しては、過去問と答練で解いたものは確実におさえるようにしました。文章理解はもともと国語がそれほど苦手ではなかったため、特に時間はかけませんでした。

《記述対策》

実際に記述問題の勉強を本格的に開始したのは夏も過ぎた頃とかなり遅かったのですが、答練を何度か受け、自分の正答率を分析した結果、問題数の多い民法・行政法の択一問題の点数を直前期に飛躍的に高めることは難しいと判断し、問題集及び答練の解答を覚える勢いで記述問題を集中的に勉強しました。択一問題は一問4点ですが、記述問題は一問20点です。つまり択一問題の点数を直前期に5問分多く取れるように努力するよりも、記述問題を一問完璧に取れるようにしようと考えました。結果的に試験本番では記述問題で点数を稼ぐことができ、合格につながったと思います。

最後に

行政書士試験は競争試験ではなく、基準点を超えれば合格できる試験です。つまり、「合格」を目標とした場合、満遍なく各科目を学習するよりも、自分の得意・不得意を分析し、配点を意識しながら、最終的にいかに合格基準点を突破できるようにしていくかが鍵となると思います。そのためにもクレアールのポイントをおさえた講義・答練は合格への近道だと思います。

Return Top