Read Article

映像学習だから可能になった「時短」学習

「映像学習」スタイルは、ご自身でいつでも受講時間を調整することができ、見たいところを何度でも繰り返すことができます。また、場所を選ばずどこでも学習することができるといった教室講義以上の学習効果が得られる大きなメリットがあります。

教室講義の場合、「聞き逃した」「理解できなかった」といったケースが頻繁に生じることにより、学習の遅れから受験に対するモチベーションが低下し、途中で断念されることがよくありますが、「映像学習」スタイルならそのようなことでモチベーションは低下しません。

インプットは合理的に! アウトプットは早期から徹底的に!

映像だから 内容を逃さず、スキマ時間も有効活用

映像だから聞き逃しがない。時間を問わず、気になった時にいつでも振り返られる。その後の受講予定もブレにくい。さらにスキマ時間まで有効に活用できるので、忙しいから学習が進まないといったことも極力回避することができる。

教室講義だと…聞き逃しや理解できない部分があった時点でアウト…

講義を途中で聞き逃すとそのまま内容自体が理解できなくなる可能性が高くなり、後日DVD視聴などでフォローしなければならない結果となり、その受講時間が大きなロス。

 

映像だから 理解度が高まり、記憶に残りやすい

映像だからビジュアル的に訴求できる。視覚と聴覚をフル動員すると記憶すべき対象が複数の回路によって脳に送られる。パワーポイントを中心とした講義だから1つの感覚を使って覚えるより理解しやすく、記憶に残りやすい学習が可能。

教室講義だと…板書を写すことに集中して「理解する」という部分が欠如してしまう

本来、講義時間で内容が完結され、復習に繋がるはずが復習時間が講義内容の確認に終始してしまい、結局別の復習時間を作るという手間が増え、大きなロスとなりうる。

映像だから 倍速機能でスピーディに学習

映像だからよりスピーディに学習が進む。Webを使用した映像学習は、いつでもどこでも学習できるといったメリット以外に、倍速機能を駆使した早聞きトレーニングも可能。時間短縮に繋がる他、集中力を高める効果もある。また、映像だからインプット完成が早く確実になり、早期に演習に取り組める。

教室講義だと…長時間拘束される講義となり集中力を欠いてしまう恐れが生じる

人間の集中力の限界は1時間程度であり、1回3時間近くの講義時間をすべて集中して受講することは至難の業。長時間の拘束に途切れた集中力では成果も出にくく、大きなロスとなる。

 

映像だから 全国どこでも一流講師の講義を受講できる

一流の指導講師の講義を全国どこでも、全ての皆様に同一の講義をご提供。また、同一の科目に何人もの指導講師を必要とせず、ベストな講師がベストな教え方で一貫指導するので講義内容がブレないから、受講生が迷わない。

教室講義だとふ…講師の力量がバラバラで統一性がない

教室講義では、講師の力量によって校舎・地域により講義のレベルが異なる。また、同一科目に複数の講師が存在するケースもあり、教え方がバラバラで統一性がなく、大きなロスに繋がる。

 

映像だから 全国統一で「合格必要得点範囲」に限定したテキストだけを使用

全国全ての皆様に同一の教材のみを提供。各科目とも広い範囲、膨大な量となる司法書士試験の学習範囲を緻密な分析により、合格に必要なだけの得点が確保できるように編集。無駄・無理のないコンパクトな教材を提供。

教室講義だと…テキスト以外にも、講師毎にオリジナルレジュメを作成

同一範囲の教材があるにも関わらず、講師毎にオリジナルのレジュメを作成したり、校舎毎に異なる講義が展開される。結果、無駄な学習を行うことで大きな時間的ロスが生じる。

 

映像だから 学習回転数が向上できる

1回5分から30分の講義で、レベルの高い講義のくり返し学習が可能になり、何度も見直せるから疑問も解消しやすい。かつ理論的な裏づけをもって知識も定着し、絞り込んだ論点を拡大再生産的に膨らませることができる。

教室講義だと…復習する際、どこに戻ればよいか分からない

1回2時間半から3時間もの講義では、どの回に何を学習したのかが不明瞭となり、ピンポイントで苦手な箇所を学習できずに時間をロスしてしまう。

Return Top