Read Article

クレアール独自の効率的学習法「非常識合格法」

なぜ合格しないのか? なぜ1回で合格できるのか? その理由は学習法にあり!

行政書士試験は、総得点で60%(180点)取れれば合格できる!

ただし各科目平均的に60%突破を目標とするプランで学習を進めず、 「行政法」での高い解答力の醸成を目標とする学習ポートフォリオを組むことが短期合格につながります。

法令等科目50%以上、一般知識等科目40%以上の基準を前提に、総得点で60%取れば合格できる行政書士試験ではあるものの、科目によって出題数には大きな差があり、かつ過去の科目別問題の難易度を見ても、得点の取りやすい出題がなされる科目とそうでない科目の差がある試験特性から、誤った学習範囲の選定を行い、誤った学習時間の配分で学習を進めてしまうと、短期間で合格力を養うことが難しくなります。点数の取りやすい出題が多くかつ配点の多い「行政法」を重点的に学習を進める学習のポートフォリオを組むことこそが、短期合格を実現するポイントです。

これにより、出題科目数の多い行政書士試験にて、無理なく、無駄なく、そして手付かずの科目を作らず早期に一通りの学習の完成でき、本試験までの間に高回転で反復学習をしていく時間の確保が容易になることから、効率的な合格基準点の突破力と高い総得点力が短期間で醸成でき、自信を持って本試験に臨んでいただけます。

 

合格戦略「3つのツボ」

本試験を分析すると、学習範囲となすべき学習のウエイトが明らかとなり、 「ローリスクーハイリターン」な学習ポートフォリオを組むことができます。

戦略1 集中
クレアールは短期合格するために、安全圏となる7割(210点)程度を得点目標とした学習範囲を徹底的に習得します。

この7割の学習範囲への絞り込みは、本試験分析のうえ正答率40%台までの問題の範囲としており、根拠あるデータから算出したものになりますので、自信を持って皆様にご提案させていただきます。

戦略2 配分
点数の取りやすい「行政法」にウエイトを置いたカリキュラムで、戦略的に合格を目指します。

問題数も多く、比較的点数の取りやすい(Aランク、Bランク)問題が多く出題される「行政法」に重点をおいて学習していただきます。

戦略1 反復
重点科目(得点すべき科目)の反復学習の機会を増やし、目標得点の獲得の確度を高めます。

集中、配分による学習プランの組み立てから、合格に向けて得点すべき科目の反復学習が時間軸のうえでも取り組みやすいスケジュールになっております。

 

 

 法令等科目合格戦略

集中 配分 学習範囲を絞り込み、その部分を徹底的に学習

クレアールの学習範囲
合格のために必要十分な学習範囲が「合格必要得点範囲」。この部分の土台をしっかり構築することが合格への近道で、ここについては特に、定義・要件・効果、そして訴訟要件を含む論点については、手続きの流れも含め原則と例外まで掘り下げ、数度の反復を繰り返しながら徹底した記憶の定着を図ります。これが、必要最小限の時間と労力で高い記述力の醸成までカバーし、最大の効果(合格)を発揮するための戦略的な学習の取り組み方です。この部分のこうした取り組みこそが、限られた時間の戦略的な配分を可能とし、確かな知識を土台とした法的論理構成力・推論力・表現力を生み、確実な合格答案作成力を養うためのアプローチであり、正しい勉強法と考えます。
一般的な学習範囲
行政書士試験の出題範囲は膨大で、すべてやるには時間と労力がかかり過ぎ。短期間ですべてを網羅できる人は、ほとんどいません。また、学習範囲を広げるデメリットとして、合格に必要な基礎の部分がおろそかになり、たくさん勉強したにもかかわらず不合格になるケースが多く見られます。

 

反復 記述力を徹底的に強化する

記述マスター講座ビルトインフォロー

択一式問題の配点は1問4点、記述式問題の配点は1問20点。記述式問題の配点は全300点中60点を占めており合否を分ける重要な問題と言えます。また記述式問題は、択一問題とも密接に絡んでおり、記述式問題対策をする事によって択一式問題で問われる知識の再確認もできます。記述マスター講座では、記述添削問題とその合格答案、減点答案を参考としてご提供させていただきます。これにより、他の方の切り口や解釈、思考プロセスを知ることができ、様々な角度から物を見る力が養成され、結果的に視野が広がり、実践力の養成につながります。

記述力を徹底的に強化

 

一般知識等科目 合格戦略

集中 配分 一般知識対策は効率良く学習する

一般知識等科目は、4割とれれば合格基準点をクリアできるのですが、範囲が非常に広い為、必要以上に学習時間を割いてしまうケースがあります。この科目はいかに効率よく学習できるかがポイントとなります。特に、情報通信・個人情報保護、文章理解は比較的学習もしやすく(範囲がさほど広くない)、点数も取りやすい科目ですのでここに集中して学習を進めていきます。

一般知識対策

 

Return Top