Read Article

行政書士試験で失敗しないスクール選びのポイントとは

行政書士試験で失敗しないスクール選びのポイントと

行政書士を取得するために試験対策講座を行っている予備校を利用するか、通信を利用するかで迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。
合格へ近づくためには、この選択は重要なポイントになります。
ここでは、行政書士試験に失敗しないためのスクール(勉強法)の選び方についてご紹介します。

自分に合ったコースがあるか?

行政書士は法学部出身者に限らず、さまざまな人が資格取得を目指しています。
そのためスクールには、初心者向けから再受験者向け、法律既修者向けなどさまざまなコースが開設されています。
そのためコースごとにテキスト使い分けていることもあるでしょう。

コース分けのメリットは、自分の習熟度やペースに適したものを選べるということです。
この点に注意すれば、自分に合った問題集やテキストなどの教材が用意されるでしょう。
教材や力試しの場を用意してくれるので、手間が減って便利だと感じることもありますが、その分当初の費用が高くなってしまうこともあります。

また、講義の受け方や期間、模試の有無などもコースによって違いがあるので、細部に注意しなければいけません。

テキストの完成度

初心者に分かりやすいテキストを作ろうとすると、図表が増やされたり、カラー印刷になったり、“初めに結論を持ってくる”といった作り方になります。

すると、補足説明や発展知識などの解説がテキストの脇に記載されるようになります。
これは初心者には分かりやすいのですが、習熟度の高い人には読み辛く、情報が少ないために不親切に感じることがあるので要注意です。

学習が進むと、見やすさよりもテキストとしての扱いやすさや読みやすさが重要になってくるということも覚えておきましょう。
段階でテキストが分けられているところは対策がしっかりしていると言えます。

予備校のメリットが活かせるか

通学する場合、会社から予備校・自宅から予備校に移動する時間と費用がかかります。
さらに、決まった曜日と時間に出席しなければいけません。“働きながら資格を取得する”と考えた場合、この移動にかかる費用と時間はデメリットと言えるでしょう。

実際に講師と話して、その場で疑問点を解決できるのが予備校のメリットですが、中にはビデオでの受講になり質問できないこともあります。
曜日・時間が決められているため、学習のペースとモチベーションを維持しやすいというメリットもありますがが、予備校には定められた期間があるため自分が理解しないまま講義が先へ進んでしまうこともあるため注意が必要です。

通信のメリットを活かせるか

通信のメリットを活かせるか

定められた期間がなく、自分のペースで学習が可能な通信教育です。
予備校では欠席した場合のフォローなどが行われないこともあります。

その点、通信では空いた時間、好きな場所でテキストを進めることができ、通学にかかる時間は無駄になりません。
また、分からない所は何度でも教材を見たり聞いたりできますし、それでも不明点がある場合は電話やメール、質問シートなどで質問すれば答えてくれるスクールが多いです。

最近ではインターネットでダウンロードしたり動画で受講するなど選択肢が広がったため、価格が安くなりました。
また、模擬試験を実際のスクールで受験するなど、オプションで付け加えることもできます。必要に応じて、選択することができるので無駄がありません。

自分の勉強環境を考慮して自分に合ったスクールを探せるかどうかが合否を左右します。
予備校だけでなく、通信でも体験受講を実施しているところがあります(https://www.crear-ac.co.jp/gyousei/sample_video/など)。
複数を見比べて、より自分にあったスクールを選ぶことが大切です。

Return Top