Read Article

「絶対受かるとクレアールを信じて一発合格」 A・Yさん

行政書士試験を学習した動機

  • 独立できる資格を取りたい
  • 過去の仕事の経験を活かしたい
  • 大学は法学部でしたが、卒業後数年が経ち、改めて法律を勉強し直したいという気持ちがあった

以上のような気持ちから、行政書士資格にチャレンジすることにしました。

学習方法

学習を始めた時期が少し遅かったので、本試験にて配点の大きい行政法と民法に特に力を入れて学習しました。また、理解できない部分があっても印をつける等して理解できない部分に過度に時間をかけることはせずに先へ進むことにし、理解できるものの記憶が安定してきた頃、振り返って学習するようにしました。

<得意科目> 憲法・民法

全科目について同じですが、テキストをメインで活用し、1周目は理解と条文チェックと暗記、2周目は暗記と記憶の定着、3周目で条文や判例等の詳細な部分まで記憶を安定させるという作業をし、本試験までに3回しっかり読み込みました。
各科目終了後に頂いた一問一答式の問題集は常に持ち歩き、本試験当日の入場待ちの時まで活用しました。この一問一答式の問題集を電車の中や少しの空き時間に解き続けることで、条文などの基礎知識が定着し、「絶対に落とさない部分」「少しひねられても揺るがない安定した知識」が身についたように思います。

<苦手科目>行政法(特に地方自治法)

「ひたすら記憶」の地方自治法は一度放棄しかけ、テキストや条文の文字を見るだけで泣きたいような具合が悪いような心境でした。ただ『地方自治法を何とかしなければ落ちる』と思い、テキストや条文だけではなく市役所のHPや広報誌、行政関連のニュースを確認したり、実際に利用できる行政サービスを利用してみたりして『これはどの条文のもとに行われているのか?』と地方自治法の具体例を体感して覚えたりし、地方自治法から逃げないように努めました。また、テキストと条文は語尾まで細かく読み込み、過去問や一問一答式問題集を解き続け、記述問題を解きながら復習し、記憶を安定させていきました。ある程度記憶が定着してきた頃、記述問題を解き続けると理解が深まり、記憶に安定感が出ました。

行政法から逃げなくて良かったです。学習し始めはげんなり気味でしたが、なんとか逃げずに学習を続けたところ秋頃の答練で行政法の点数が急激に上がり、最終的に答練や本試験にて他科目と比較して最も高い点数(%)が取れるようになっていました。諦めさえしなければなんとかなります。行政法等苦手科目から逃げたくなった方がいらっしゃいましたら、どうか逃げずに数ヵ月後の喜びを希望に頑張ってください。

学習に活用したもの

  • 六法
  • クレアールの講義、テキストや過去問等教材、一問一答式問題集、答練
  • 省庁や市役所のHP、行政関連のパンフレット、行政サービス等(行政法と一般知識対策)
  • 新聞、インターネットのニュースサイト等(主に一般知識対策)
  • 公務員試験用の文章読解問題集(一般知識対策)

クレアールに入学した理由

学習開始につき既に出遅れていながら『絶対に一発で合格したい』と思っていました。クレアールに初めてお伺いした際にアドバイザーの方が大変親切で、合格するためのクレアールの活用方法、学習計画を一緒に検討してくださり、また、これは私がただ感じたことですが「一発合格させる!」という勢いのようなものを感じ、非常に心強く思い、クレアールに入学することに決めました。

クレアールを活用して

クレアールは非常に効率の良い学習方法で講義してくださいました。「行政書士試験に合格するために必要なもの」を提供してくだり、「試験に合格すること」に対し、「無駄がなかったなぁ」と試験が終わった今感じています。クレアールには短期合格できる環境がそろっており、後は「絶対に今年受かる!」という気持ちで諦めずに勉強すれば、合格に到達できると思います。

最後に

行政書士試験にこれからチャレンジされる方へ。インプットから逃げたくなっても、答練の点数が悪くても、少し息抜きしたり数ヵ月後に合格した自分やその先を想像したりしながら、どうぞ最後まで頑張ってください。クレアールを信じて「今年絶対受かる!」という気持ちで最後まで頑張れば、良い結果が出ると思います。
そして、クレアールの皆様。希望通りなんとか1回で合格することができたのも、クレアールの講師やアドバイザーの方々のお陰です。本当にありがとうございました。

Return Top