Read Article

「クレアール行政書士講座を受講し1発合格!」 K.Kさん

K.Kさん

  • 受験回数:1回

《行政書士を志した動機》

サラリーマン生活も30年を超え、そろそろ組織の中で働くことの卒業を考え「第二の人生は自分のペースで自由に働きたい」という目標のもと行政書士受験を決意した。

《クレアールを選んだ理由》

受験予備校に通うことも考えたが、現実的に勉強を続けるには通信形式で行なうのがベストと考えた。また数ある通信専門予備校の中でも歴史と実績のあるクレアールを選んだ。もちろんリーズナブルな価格設定にも満足した。

《具体的な学習方法》

本格的には3月から学習をスタートしたので、受験日まで約8ヶ月でした。本番まであまり時間が無かったので出勤前や通勤電車の中、昼休み、帰宅後など少しでも時間があればフルに活用しました。クレアールの1講座が15分前後に設定されているので少ない時間でも集中することが出来ました。強く意識したのは「細かく仕上げる」こと。講義を2回受ける時間が無かったので、「講義⇒過去問⇒関連問題」のサイクルにより1単元1単元、とにかく細かく理解し、仕上げていきました。

科目別にはそれぞれ学習時間の濃淡をつけました。時間をかけた順番に「民法」「行政法」「憲法」「会社法」「一般知識」。特に一般知識については本格的な講義を

さらっと見る程度しか学習時間の確保が出来ませんでした。ただ、新聞やニュース報道などは意識して見ていた様な気がします。

《クレアールで良かった点》

なんといってもコストパフォーマンスの良さでしょう。充実した講義、効率よくまとまったテキストや過去問集、小テストなどへの細かいアドバイスなど・・。正直、1人の講師で「よくぞここまで」というのが講座を受けてみての感想です。特に印象的だったのが「総まとめ講座」のテキストと講座です。「さらにここまでやってくれるのか~」という感動を今でも覚えています。ありがとうございました。

《今年の本試験を振り返って》

憲法、民法が難しかったので途中でめげそうになりましたが、行政法が比較的易しかったように感じたので最後まで波に乗ることが出来ました。一般知識については「正解しているだろう」という自信の持てる問題が少なかったように感じました。記述に関して比較的解きやすい問題だったので、クレアールの記述対策講義で十分対応できました。

《最後に》

私は現在54歳です。正直一発で合格できるとは思っていませんでした。こんな中年おじさんでもチャレンジ出来たし結果が残せました。残りの人生、この資格を有効に活用し、充実した人生を送っていきたいと思います。

クレアールの講師の皆様、スタッフの皆様、本当に有難うございました。

 

Return Top