FP技能士3級講座 新規開講!特別価格9,800円(税込み)

×FP資格で、最強ダブルライセンスを手に入れ、仕事の幅を広げよう!

FPの勉強内容は、宅建、社労士、簿記、税理士、行政書士等にも役立ちます

FP×税理士

ダブルライセンスをおすすめする理由

  • FPの取扱範囲には、相続、税金、保険といった税務があるので、税理士の業務と直接関連するものが多い。
  • どちらも「お金の専門家」であり、お金の面で顧客を支え、サポートする仕事のため、共通点が多い。
  • ダブルライセンスにより、顧客へのアドバイスや携われる業務領域が広がる。

また、FP技能士3級は国家資格の中では、合格率が高く、挑戦しやすい資格であることもポイントです。 特に、税理士資格の勉強をされてきた方なら、共通点が多いため学習しやすいでしょう。 顧客である事業主は、会社の税務だけではなく、ご自身の資産管理などにも不安を抱えている方は多いと思います。

FPの知識を持っていると、そのような顧客へ税理士資格だけでは網羅できない範囲の相談にも応じることができるようになり、顧客から感謝されることでしょうし、自身の強みとしてアピールできます。 税理士資格しか持っていない税理士との差別化にも繋がりますね。

FP×宅地建物取引士

ダブルライセンスをおすすめする理由

  • 不動産科目が共通するため、より説得性のある不動産営業を行うことができる
  • 土地や建物の資産運用といった宅建の業務外の分野にもアドバイスできるようになるため、顧客とトータル的に関わることが出来、信頼獲得に繋がる

顧客への営業の際に、住宅ローンの説明や資金計画といった内容まで説明できることで、より自信を持ったアプローチができるようになりますし、顧客の購入意欲の上昇にも繋がります。 FP知識もあることで、扱える業務範囲も広がり、顧客からの信頼獲得や新規顧客獲得にも繋がることも期待できます。

また、共通科目である不動産分野については、宅建で学んだ知識を応用できるため、学びやすいという点もポイントです。

FP×行政書士

ダブルライセンスをおすすめする理由

  • 関わった経営者と長年に渡りお付き合いをするビジネスモデルを組むことができる。
  • 相続や事業継承の分野で行政書士と関連する業務がある

FP資格を持っていると、行政書士として会社設立時の手続きに関わった後も、その経営者の資産管理等の分野に関してもアドバイスができるため、顧客と長年にわたりお付き合いをするというビジネスモデルを考えることが出来ます。

また、共通分野である相続、事業承継については、今後の高齢化に伴い、相談が増えていくことが予想されるため、FP資格との相乗効果で、より詳細なアドバイスができるというメリットがあります。
行政書士で学んだ民法の知識をFP試験でも活かすことができるため、行政書士合格者にとっては合格も容易にできると思われます。

FP×社会保険労務士

ダブルライセンスをおすすめする理由

  • 「社会保険」と「年金」の分野で、社労士の業務と関連する部分がある。
  • ダブルライセンスにより、顧客へのアドバイスや携われる業務領域が広がる。
  • 他社労士との差別化に繋がる

また、FP技能士3級は国家資格の中では、合格率が高く、挑戦しやすい資格であることもポイントです。 特に、社労士資格の勉強をされてきた方であれば、試験範囲で共通する分野もあるため、学習しやすいでしょう。
社労士資格だけでは相談範囲外のこともアドバイスできるようになるため、相談領域の幅が広がり、顧客へのアピールポイントになります。「FP資格ももっている社労士」として、社労士資格一本でやっている社労士との差別化も図れますし、顧客獲得にもつながっていくはずです。

FP×簿記検定

どちらもお金に関する資格であり、もっていて損はしない、役に立つ資格であるということはよく言われています。
大きな違いとしては、FPは「個人のお金」に関すること、簿記は、「会社のお金」に関すること、という点です。
FPで学ぶ内容の方が、日常に密着した分野であるため、簿記学習経験者は、簿記学習時よりも、理解しやすいと感じるのではと思います。