FP技能士3級講座 新規開講!特別価格9,800円(税込み)

FP(ファイナンシャルプランナー)とは

FPについて

FPとは、一言で言えば、「お金の専門家」です。

「○○歳までにマイホームを購入したい」
「現在加入している保険が自分に合っているのか不安。最適な保険を知りたい」
「子供の教育資金を今から準備したい」
「家計が火の車。無駄な支出を見直したい。」
「資産運用を始めて、将来に備えたい」

このように、お金の悩みや将来の夢、希望するライフプラン人はそれぞれです。
一人ひとりの相談内容や要望に応じた最適なプランや解決方法を見出し、お金の面でのアドバイスやプラン設計を行うのがFPです。
ちなみに、FPというのは単に職業の名称のため、資格を持っていなくても名乗ることは出来ます。
しかし、「お金の専門家」として、求められる知識というのは、年金、保険、資産運用、税金、住宅・教育ローン、相続など実に多岐にわたります。そのために、幅広いお金の専門知識をしっかり持っていることを証明するための資格が「FP技能士」です。

FP技能士とは

FP技能士とは、日本FP協会と金融財政事情研究会(きんざい)の2団体が実施する国家資格です。
「FP技能士」には3つの等級があり、難易度の低い順に3級、2級、1級となります。
有効期限はなく、一度合格すればずっと所持していることができます。

試験では、下記6つの分野から出題されます。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. 金融資産運用
  3. タックスプランニング
  4. リスク管理
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

3級FP技能検定(国家資格)試験概要

3級の試験は、実施団体である日本FP協会、金融財政事情研究会(きんざい)のどちらかで受験します。
実施月は年3回です。学科試験、実技試験両方の試験に合格して3級FP技能士の資格を取得することが出来ます。
合格基準は学科、実技共に6割です。相対評価ではなく、絶対評価なので、自分が取得した点数がそのまま合否判定に繋がります。
学科試験は、日本FP協会と金融財政事情研究会(きんざい)のどちらも同じ内容ですが、実技試験は内容が変わります。

日本FP協会は、資産設計提案業務が試験科目で、マークシート式、問題数は20問、時間は60分です。

金融財政事情研究会(きんざい)個人資産相談業務・保険顧客資産相談業務の2科目うちいずれかを選択します。マークシート式、問題数15問、時間は60分です。

内容に違いがありますが、難易度としては同程度です。自分で好きな得意な科目の方を選択するといいでしょう。

受験資格 特になし
試験実施団体 日本FP協会、金融財政事情研究会
試験実施月 1月、5月、9月
試験科目 ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継の6分野
試験形式 以下の科目から1つを選択して受験
【日本FP協会】資産設計提案業務
【金融財政事情研究会】個人資産相談業務と保険顧客資産相談業務
合格基準 学科試験:60点満点で36点以上
実技試験:
【日本FP協会】100点満点で60点以上
【金融財政事情研究会】50点満点で30点以上
受験料 学科試験 3,000円 実技試験 3,000円
合格率(2021年1月実施分) 学科試験:87.92%(日本FP協会)、63.75%(金融財政事情研究会)
実技試験:86.53%(日本FP協会)、57.29%(金融財政事情研究会)