Read Article

あらた監査法人 公認会計士 山口 さやか さん

あらた監査法人

L&E 教育研修部

山口さやかさん

女性が会計士として働く魅力とメリット

山口さやか

手に職をつけ、人生のオプション・選択の幅を広げること。 私が会計士を目指した一番の理由に他なりませんが、会計士として働いて5年経った今でも、これは女性が会計士として働く最大の魅力であると思っています。

会計士としての仕事は、プロフェッショナルとして働く責任が常に求められ、論理矛盾の許されない厳しいものです。監査法人で働く場合は、比較的早い段階でチームを統括する役割を与えられることが多く、会計や監査の知識だけではないマネジメント力も必要とされます。しかし会計士の本分は会計と監査ですから、クライアントの業界を知ること、然るべき会計処理を考えること、正しい財務報告が行われるための仕組を模索すること、必要十分な監査手続とは何かを説明できることが、私たちの仕事であり存在意義であります。こういった「思考」を行うこと、知的好奇心を持ち続けることを生業にできるのは、会計士という資格のもつある種の特権といえるのではないでしょうか。

仕事でお話する方は本当に優秀な方ばかりです。中でも私は、高い志を持った尊敬できるたくさんの女性会計士と出会えたことが心から嬉しく、これが働いて気付いた会計士の魅力であります。

今の仕事

私は現在あらた監査法人教育研修部に所属し、通常の監査業務と兼務しています。教育研修部への異動前は業種・監査種類問わず様々なクライアントの監査業務を行っていましたが、自分の理解を人に説明する力を向上させたいと考え、社内の研修講師を務める仕事を希望しました。先日は、入所したばかりの新人を対象とする研修を担当し、監査現場に送り出したばかりです。

最先端の監査手法を勉強し、監査の現場に役立てることができる一方で、我々が目標とする監査のレベルを現場への実践適用する難しさを痛感しています。クライアントの監査という直接業務を行う時間は減りましたが、間接的に法人に貢献できるよう努力しています。

将来の夢や目標

何をするにしても、女性として、社会人として、バランス感覚を持った人間でありたいと思っています。仕事上のバランス感覚はもちろんのこと、仕事とプライベートの双方を充実させることを常に目標としています。

あらた監査法人で女性として働く魅力

あらた監査法人は徹底した能力主義がとられており、女性だからという理由で不利な立場になることはまずありません。結婚や出産により退職するという雰囲気もないため、女性本人が望めば仕事をする環境は整えられていると思います。あらた監査法人には”Speak Up” 文化が根付いていますので、個人の仕事に対する考え方を業務や働き方の選択に生かしやすいのではないでしょうか。たとえば同じ育児中の女性でも、監査現場の第一線で働く女性もいれば、仕事の時間を限定して働く女性もいる。もしくは一年のスケジュールの中で繁忙となる時期を調整することで、体力と相談しながら仕事を続けていける。

設立されて間もない監査法人ですから、妙なしがらみも、前例もありません。多種多様な働き方がありうるあらた監査法人において、自分の働き方が女性として働く魅力そのものに繋がれば幸せに思います。

山口さやかさん

Return Top