Read Article

「公認会計士資格を活かして、投資の世界で活躍しよう!」滝澤 康之さん

滝澤 康之さん

PROFILE
公認会計士。株式会社リサ・パートナーズ

経営者の視点から企業を見たい、それが公認会計士を目指した私の理由でした。会計は企業の諸活動を数字によって表現するもの、そして経営者は会計によって表現された数字を基に、より的確な経営判断を行うことが求められます。だから私はその会計のスペシャリストとなり、より経営者の立場に近いところから企業を見ることができる、そんな仕事に就きたいと考えていました。

公認会計士試験合格後は大手監査法人に就職しました。そこでは法定監査業務、株式公開支援業務に加えて、プライベート・エクイティ・ファンドによる企業買収や上場企業同士の経営統合といったトランザクションに関するデューデリジェンスサービスに携わりました。そこで私は、M&Aという企業活動におけるダイナミズムのおもしろさを知り、外部からアドバイザーとして関わるのではなく、実行主体として自ら判断をし、M&Aの一連の過程に携わりたいと考えるようになりました。 そんなときに出会ったのがリサ・パートナーズでした。

リサ・パートナーズは金融・不動産業の一流プレーヤーとして蓄えた豊富なノウハウや経営・市場知識を持つ投資銀行です。そこでの私の主な業務は、エクイティ投資における投資候補先のデューデリジェンス、バリュエーション、そしてプロジェクト全体のとりまとめ、また投資実行後のモニタリングです。 一連の過程において必要となるのが対象企業の適切な企業価値評価、そしてその根拠となる過去の財務情報と、そこから予測される将来計画の妥当性についての検証です。数字の裏側にある企業実態を読み取りながら、その企業の将来性を見極め、投資候補先として適格か否かを判断することが求められるこの職種において、私は公認会計士として財務情報の利用サイドのみならず作成サイドに携わっていた経験を十分に活かすことができると感じています。

その一方、リサ・パートナーズの社内には会計以外にも金融や法務といった専門分野において豊富な経験を積んだ優秀なメンバーが多く在籍しているため、共にプロジェクトを遂行し、情報を共有することで企業を多角的に捉えることが可能となります。 次々に持ち込まれる案件について短期間で詳細な調査を行う作業はハードな仕事ではありますが、経営者と同じ視点から、企業全体を事業、財務、法務、税務等に関する一流の外部専門家とともに様々な角度から検証することで得られる知識・経験はとても貴重であり、この仕事の醍醐味であると思います。 日本の社会や経済が大きく変化していくその中で、様々なニーズに応え、先進的なビジネスモデルを築いていくリサ・パートナーズにおいて、これからは今まで培ってきた企業再生やMBOといった様々な知識や経験をもとに、今後は時代をリードするような最先端のソリューションを提供できるM&Aプロフェッショナルになりたいと思います。

【株式会社リサ・パートナーズについて】 日本初の独立系投資銀行であるリサ・パートナーズは、金融・不動産を核にした投資銀行として、会社設立から8年で上場を果たしました。その急成長ぶりは、日本経済の変化に即した「次代を担う創造的な投資銀行」への確かな取り組みの結果です。

 

Return Top