Read Article

【地方監査法人訪問】有限責任監査法人トーマツ さいたま事務所 須永 貴彦さん

監査法人特別インタビュー

須永 貴彦さん

PROFILE
有限責任監査法人トーマツ 公認会計士試験合格者 さいたま事務所

さいたま事務所がカバーしている地域とかかえるクライアント数

さいたま事務所では、埼玉県と栃木県を中心に、北関東を広く担当しており、現在監査以外の業務も含めると40社程度のクライアントと契約をしています。

 金商法や会社法などの法定監査にとどまらず、IPO支援、事業計画作成支援、事業承継支援、公益法人制度対応支援、ベンチャー企業支援等々様々なニーズに対応するためのサービスを提供しています。業種の幅も広く、銀行や外食、不動産、サービス、国立学校法人等があります。

私が現在担当している会社は、上場会社3社、会社法2社で、その他にも上場準備会社やセミナー講師等少しずつ業務の幅が広がる機会が増えてきています。業種についても、小売、卸、製造業等と多岐に渡り、様々な経験を積むことができています。

さいたま事務所がかかえるクライアントの特徴

上場会社からこれから上場を目指す会社やパブリック関連までと幅広いクライアントに対して業務を提供しています。いずれのクライアントも地元に根付いた地域密着型の会社で、地域への貢献を意識しているという共通点があります。クライアントの中には地元出身の方も多く、会社の方との信頼関係も築きやすいと思います。また、地域密着といえども、日本国内に留まらず海外進出されている会社も多数ありますので、スタッフのうちから海外出張に行けるチャンスもあります。

さいたま事務所の特徴や魅力

さいたま事務所は30人に満たない規模ですので、年次に関係なくメンバー間の距離が近く、アットホームな雰囲気であることが特徴です。そのため、日ごろのコミュニケーションも取りやすく、文字通りチーム一丸となって仕事をすることができる働きやすい環境であると思います。業務についても東京事務所や他の地方事務所、税理士法人等の他部門の方と一緒に行う機会も多く、多様な視野を持った方々と仕事をすることができます。また、自分から積極的に業務に取り組むことで幅広い仕事を早くから任せてもらえるため、やりがいを感じることができます。さいたま事務所は、大規模法人でありながら中小法人の良さも兼ね備えた事務所です。

 また、部活動としてフットサル部があります。フットサル部では定期的に集まり、普段の業務ではなかなかゆっくり時間をとることができない人や、他事務所の人との交流をしています。

これから公認会計士を目指す方へメッセージ

会計士とは”audit”する人です。”audit”とは話を聴くことです。会計士の仕事は、ただひたすら資料と格闘し、クライアントに指摘をするというイメージをもたれている方もいるかもしれません。実際にはクライアントの方やチームメンバーと密にコミュニケーションをとり、協力し合って仕事をしていくものです。

 会計士は一生勉強だ、とよく耳にします。勿論自分でする勉強も必要となりますが、いろいろな方の話を聴くことそのものが勉強となります。また勉強か、と思われるかもしれませんが、様々な経験をもつ方のお話を聴くということは、大変刺激的で自分の視野を広げてくれる楽しいものであります。先が見えずに不安になることもあるかもしれませんが、努力は必ず報われます。皆さんが合格し、いつか一緒に同じフィールドでお会いできることを楽しみにしています。

Return Top