Read Article

【地方監査法人訪問】有限責任監査法人トーマツ 仙台事務所 三浦 義直さん

三浦 義直さん

PROFILE
有限責任監査法人トーマツ 公認会計士 仙台事務所

クライアントの数と地域について教えてください

仙台事務所の監査業務は全体で金融商品取引法監査と法定監査と任意監査を合わせて50社程です。仙台事務所のほか、盛岡事務所、福島連絡事務所を通じて東北全体をカバーしております。

私が携わっている会社は主に上場会社が3社と、会社法監査が1社、会社法に準ずる監査の任意監査が1社です。

仙台事務所のクライアントの特徴は?

業種、規模ともに偏りがありません。金融、建設、商社、自治体など多岐にわたっています。規模は首都圏と比べるとグローバルに展開するビッグクライアントが少ないと感じるかもしれませんが、地域に密着した小規模で運営している会社もあれば、全国展開している会社もあります。

仙台事務所の特徴や魅力は何ですか?

仙台事務所は会計監査をはじめ、経営管理体制構築支援業務、財務デューデリジェンス業務、企業再生支援業務、ベンチャー・中堅企業や医療機関に対するコンサルティング業務、上場準備支援業務など様々な業務をおこなっております。その他にも税理士法人トーマツ仙台事務所と連携しながら会計、税務の複合的な業務も行っています。

事務所の規模は3事務所併せて50名程度なのでそれほど大きくはありませんが、早い段階から重要な仕事を任されたり、様々な業種のクライアントで経験を積むことができます。理由は、事務所が少人数だからと言うだけではありません。

仙台事務所は若いスタッフが半数以上を占めており非常に元気のある事務所です。上司や先輩との距離が近く、若手スタッフが多い中でも自由に意見を言える雰囲気があり、とても風通しのよい事務所だからです。若いスタッフでもやりたいという意思があればどんどん仕事を任せてもらえるというのが仙台事務所の魅力です。

これから公認会計士を目指す方へメッセージをお願いします

公認会計士の仕事は会計監査がすぐ頭に浮かぶかもしれませんが、実際にはそれに限りません。守備範囲はコンサルティング業務や上場支援業務など多岐にわたり、業務の幅も広がっていきます。これは金融、建設、商社、地方自治体など様々な業種、中小企業から大企業まで様々な規模の会社を監査を通じて見ることで、経験となり仕事の幅が広がっていく点にあります。

このようなことからも、会計士はこのようになりたいという自分を実現させることができる職業だと思います。仙台事務所もそれぞれが得意分野や専門分野をもった個性的なメンバーの集まりです。そのメンバーと仕事をすることは、日々刺激になり自分の成長へとつながっていきます。

公認会計士の資格は簡単な試験ではないかもしれません。私自身は何度も受験に失敗しましたが、諦めずに勉強を続けて良かったと思っています。合格後も楽ではないかもしれませんが、楽しい毎日が待っています。皆さん頑張ってください。

Return Top