Read Article

非常識合格法の特徴3  スピーチ

<br /><br /><br /><br /><br /><br />
【非常識合格法メソッド.3】 スピーチ

記憶のメカニズムに基づいた暗記法で確実な暗記と理解を実現

記憶法には「方法記憶」「知識記憶」「経験記憶」があり、特に高校卒業以降に得意となるのが「経験記憶」になります。これは自らの過去の経験を絡ませて関連づけたり整理したりして記憶する方法で、この「経験記憶」を最大限に活かすことができるスピーチで確実な暗記を目指します。論文式試験等においては正確な記憶と理解のもとで、答案に文章を 書き記すことができます。

 

スピーチの具体的な実践法

 

先輩合格者もオススメです!クレアールのスピーチ

合格者の声「時間効率が高く場所を選ばず学習できる」

新島 高史 さん  明治大学3年在学中 大学受験は書いて暗記をしていましたが、会計士受験ではクレアールが提唱している「スピーチ」で暗記や理解を進めました。実際に始めてみると、書いて覚えるよりかは効率が良く、場所を選ばす学習できたことで学習量が増やせたことが1回の受験で合格できたことにつながったように思います。 また、スピーチは完璧にやらないと好結果にはつながりません。完璧にしたことで、短答式試験は択一試験ということもあり、正誤の判断のスピードがものすごく早くなりました。論文式試験では、話せる(説明できる)=答案用紙に書けるになるため、短答式同様に解答時間が短縮することができました。また、見たことのない問題でも、スピーチで頭に入れた似たような論点を答案用紙に解答することができるため、白紙で答案を提出しなくて済むこともあり、精神的にも楽になります。

Return Top