Read Article

【公認会計士・簿記検定受験対策】電卓の使い方シリーズ④~定数計算~

 

 

山田 和宗

 

山田 和宗 (公認会計士 クレアール会計士講座講師)

2010年公認会計士登録。大手監査法人で約4年間、国内上場企業を中心とした監査業務に従事。その後2010年11月に山田和宗公認会計士事務所開業登録。会計教育に関わる業務を中心に活躍中。

 

1. はじめに

電卓の使い方シリーズ第4回ということで、今回は定数計算という機能について紹介していきます。必ずマスターしなければならないというわけではありませんが、この機能を知っておくと計算が少し楽になることがあります。また、定数計算機能に加え、第5回で紹介するメモリー機能も併用することで、面倒な計算を効率良く行える場面も出てきます。

なお、カシオタイプとカシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)とで使い方が大きく異なります。さらに、カシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)については操作方法が2通りありますので、各自やり易い方で利用していただければと思います。2通りの方法を一度にマスターしようとすると混乱することがありますのでご注意ください(私自身、記事を書いている最中に混乱して大変でした^_^;)。

 

2. 定数計算とは

定数計算とは、10+50、10+60、10+70…のように、同じ数を足し続けたり、引き続けたりする計算をいます。このような計算の場合、足し続けたりする同じ数(ここでは「+10」)を固定化し、キー操作を楽にすることができます。

(1) 足す数を定数として計算する場合

例:
10+50=60
10+60=70
10+70=80
10+80=90

① カシオタイプの場合

10の後にを2回打つことで、「+10」を固定化することができます。「+10」を固定化した後は、それに足したい数とを押すだけで、それぞれの計算結果を表示することができます。

10 50
60     
70     
80     

② カシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)の場合その1

10の後にを押すことで、「+10」を固定化することができます。「+10」を固定化した後は、それに足したい数とを押すだけで、それぞれの計算結果を表示することができます。

10 50
60     
70     
80     

※ この方法によった場合、「10 」と打った段階で画面表示される10が、GTメモリーに加えられてしまいます。GTメモリーも併用する場合はご注意ください。

③ カシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)の場合その2

の後に固定化したい10を打つことになります。

50 10
60   
70   
80   

(2) 引く数を定数として計算する場合

例:
50-10=40
60-10=50
70-10=60
80-10=70

① カシオタイプの場合

10の後にを2回打つことで、「-10」を固定化することができます。「-10」に50、60、70といったそれぞれの数字を足していくイメージとなります。

10 50
60     
70     
80     

② カシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)の場合その1

10の後にを押すことで、「-10」を固定化することができます。
10 50
60     
70     
80     

※ この方法によった場合、「10 」と打った段階で画面表示される-10が、GTメモリーに加えられてしまいます。GTメモリーも併用する場合はご注意ください。

③ カシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)の場合その2

次のように打っても、同じ計算をすることができます。この場合、の後に固定したい10を打つことになります。

50 10
60   
70   
80   

(3) 掛ける数を定数として計算する場合

例:
10×50=500
10×60=600
10×70=700
10×80=800

① カシオタイプの場合

10の後に×を2回打つことで、「×10」を固定化することができます。
10 × × 50
60     
70     
80     

② カシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)の場合その1

10の後にを押すことで、「-10」を固定化することができます。
10 × 50
60     
70     
80     

※ この方法によった場合、「10 × 」と打った段階で画面表示される100が、GTメモリーに加えられてしまいます。GTメモリーも併用する場合はご注意ください。

③ カシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)の場合その2

次のように打っても、同じ計算をすることができます。かけ算の場合、×の前に固定したい数字を打つ必要があります。足し算、引き算、割り算の場合と順序が異なりますのでご注意ください。

10 × 50
60   
70   
80   

(4) 割る数を定数として計算する場合

例:
50÷10=5
60÷10=6
70÷10=7
80÷10=8

① カシオタイプの場合

10の後に÷を2回打つことで、「-10」を固定化することができます。
10 ÷ ÷ 50
60     
70     
80     

② カシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)の場合その1

10の後に÷を押すことで、「÷10」を固定化することができます。
10÷÷ 50
60     
70     
80     

※ この方法によった場合、「10 ÷ 」と打った段階で画面表示される0.1が、GTメモリーに加えられてしまいます。GTメモリーも併用する場合はご注意ください。

③ カシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)の場合その2

次のように打っても、同じ計算をすることができます。この場合、÷の後に固定したい10を打つことになります。

50 ÷10
60   
70   
80   

 

3. 累乗計算

定数計算を応用して、次のような累乗計算を行うこともできます。

例:2=2×2×2×2×2=32

① カシオタイプの場合

2の後に×を2回打つことで「×2」が固定化されます。後はを4回押すだけとなります。
× ×  

② カシオ以外のタイプ(シャープ、キャノンなど)の場合

はじめに「2×」を打った段階で「×2」の固定化が済みますので、後はを4回押すだけとなります。
×

 

 

Return Top