Read Article

「クレアールの先輩に聞く」 有限責任監査法人トーマツ 公認会計士 木島 紹史 さん

クレアールを巣立って新たなるスタートライン

木島紹史さん 先輩訪問 有限責任監査法人トーマツ 木島 紹史 さん

プロフィール 公認会計士(2009年公認会計士登録)1975生 埼玉県出身 早稲田大学商学部卒。 2004年旧公認会計士2次試験合格後、有限責任監査法人トーマツさいたま事務所に入所し、今現在もさいたま事務所にて国内企業を対象とした監査業務を中心に活躍中。

公認会計士の魅力について

公認会計士の魅力の1つとして、会計監査という専門性が極めて高い業務を独占的に行えることが一般的には言われています。会計の知識を高めていくことが仕事そのものですので、インプットしたことがそのまま仕事に直結する、頑張りが報われる職業だと思います。ただし、最近は会計基準が目まぐるしく変わってきているため、日々の研鑽が重要となっています。 また忙しい時もありますが、基本的には休日はお休みがもらえますし、趣味の時間も十分に取れるという点も魅力であると思います。オンとオフの切り替えが仕事の効率を上げるためにも重要であると思います。 監査は現場ごとにチーム編成をして働くということが特徴で、チームプレイの重要性など私の趣味のフットサルに通ずるものがあり、また、計画( 戦術)を練ったりするのが好きな方にとっても魅力的な職業だと思います。

現在の主な業務内容

現在は会計監査を中心とした業務を行っています。現在担当している主なクライアントは、上場企業2社及び会社法監査の対象会社1社などです。役割としては監査チームのサブ主任として、現場に往査し、主任のサポートをしつつ、重要な科目を担当し、スタッフのOJTを行ったりしています。最近では小さい会社の主任を任せていただけるようになり、やりがいを持って監査を行っています。 入社した当時はパソコンを触ったことがほとんどなかったため、エクセル、ワードを使うのに苦労し、分からないことだらけで、失敗を繰り返していました。しかし、先輩方の温かいご指導のおかげで、徐々に業務の流れもわかり、わかってくると勉強と同じで辛かったのが、楽しくできるようになりました。とはいえ、まだまだ初歩的なミスを犯してしまったり、うまくクライアントの方に説明ができなかったりと課題とすべき点は多々あります。会計の勉強はもちろん、コミュニケーション能力の向上にも努めていかなければと思っています。

今後のキャリアプラン

今のところ、会計監査を中心に行っていきたいと考えています。 地方の事務所に在籍しているため、入所した時から地域に貢献できるような形で仕事がしたいと思っていましたので、会計監査以外でも何らかの形で地域に貢献できるようにテーマを作ってスキルアップを図っていきたいと思います。 また、税法の知識は欠かせないと思っています。会計監査を行う上で、法人税や消費税に関する一定の知識は不可欠です。クライアントの方々は会計以外の質問もあります。クライアントの方々の困っていることに、迅速に対応できるような公認会計士になることが当面の目標です。また、クライアントの方はもちろん、監査チームの上からも下からも信頼されるような公認会計士になることが個人的に目指しているところです。 さらには英語を勉強して、業務に活かしたいとか、海外で働いてみたいとか、子供にサッカーを教えながら仕事をしたいとか、いろいろやりたいことはありますが正直絞り切れていないのが現状です。

これから学習を始める方へ

公認会計士試験の勉強は決してラクではありません。私は何度か試験に失敗し、家族や周りの友人を心配させてしまいました。しかし、諦めずに勉強を続けていればきっと合格できる試験であることは間違いありません。 最後に、周りに流されず、自分のペースでこつこつと基本に忠実に頑張ってください。そうすれば必ず合格できると思います。頑張ってください。

Return Top