Read Article

【地方監査法人訪問】有限責任監査法人トーマツ 名古屋事務所 判治 俊哉さん

有限責任監査法人トーマツ 公認会計士 名古屋事務所 判治俊哉さん

判治 俊哉さん

PROFILE
有限責任監査法人トーマツ 公認会計士 名古屋事務所

クライアントさんの数はどのくらいあるのですか?

2009年9月現在で、全部で約360社です。このうち上場会社は約110社で、会社法監査の会社が100社程度、その他学校法人や労働組合、上場準備会社など幅広いクライアントの監査を行っています。

首都圏と名古屋のクライアントさんとの特徴の違いは?

首都圏大手監査法人との違いは正直よくわかりませんが、名古屋のクライアントの特徴として私が感じることとして、いわゆる「堅実経営」をなさっているクライアントが多いのではないかと思います。自分の関与するクライアントでも、無借金経営というところはよくあります。

 会社の特徴は経営者の考え方を反映したものでしょうから、経営者の方も堅実な方が多いのだと思います。実際に監査を通じてお話ししていても、その辺は感じられます。例えば、先日も「うちは年中クールビズだし、先生がネクタイはめていると冷房の温度を低くしなきゃいけないから、取ってくださいね。」なんてやり取りもあったりして。小さな積み重ねを大事にされているのですよね。何というか気さくなクライアントが比較的多いということもいえるのかもしれませんね。

名古屋のクライアントさんの特徴は?

やはり一番の特徴は、地域柄、製造業が多いということではないでしょうか。自動車部品メーカーが中心となりますが、これにとどまらず、食品メーカーや機械設備のメーカーなど、一口に製造業といってもすごく幅広く、その裾野の広さを感じます。

 またよく言われることとして、名古屋というところは、外の人には接しづらいが、中に入ると非常にやりやすいというのもあると思います。もちろん独立性を保持することが前提となりますが、クライアントとの良好なコミュニケーションなくして監査は成立しません。クライアントと監査法人がいい距離感で接しているというのも、この地域の特徴ではないでしょうか。

名古屋事務所の特徴や魅力はどこですか?

一言でいえば、風通しのよさではないでしょうか。具体的には、パートナーなどの上の者がスタッフ等の下の者の意見を尊重し、下の者は主体的に考えた自分の意見を率直に言える風土があると思います。

 トーマツ名古屋事務所には、日本を代表するビッグクライアントから、上場したばかりのクライアントまで、様々なクライアントが存在しますが、例えば、決められたこの3つのクライアントだけに往査するといった固定的な仕事の割り振りはされておらず、柔軟な配員体制が取られています。1年目から様々な主任に連れられて様々なクライアントに往査するため、多くの経験ができ、それぞれのいいところを、文字通り「いいとこ取り」できるんですね。スタッフ時代は、とにかくすごいと思う先輩の技を盗み、自分もいつかそうなろうと思っていましたね。実際にはなれていませんが(笑)

また、人員数は現在320名程度ですが、専門分野に特化したスペシャリストもいる一方で、一度に集まって情報共有をしたり、懇親会を行うなど、コミュニケーションが取りやすい規模かなと思います。

Uターン、Iターンについてはいかがですか?

私は愛知出身ですが、大学のとき東京に行っていましたので、いわゆるUターン組です。地元の大学出身の方もたくさんいらっしゃいますが、私のようなUターン組もたくさんいますね。また、先ほども申しましたが、地域柄、自動車関係の業績好調な大きな会社が多いこともあり、それまで全く縁のなかった方でもわざわざ名古屋で就職したというケースもあります。

 私はそもそも勉強を始める段階で、東京に就職するか愛知に戻るか迷いましたが、地元の三河地域にはトヨタ自動車を中心に大きな会社も多く、適度に都会で適度に田舎なので、いろんな意味でバランスがよいのかなと思い、Uターンすることにしました。東京で勤めたことはありませんが、名古屋に就職してよかったと思っています。

これから会計士を目指す方にメッセージをお願いします

試験は大変ですが、そこで得た知識は実務でも実際に生きてきます。例えば、連結財務諸表の監査やキャッシュ・フロー計算書の監査などは、みなさんの受験知識が1年目から発揮できるいい機会だと思います。今勉強していることがそのまま活きてくると考えると、勉強する上でも励みになるのではないでしょうか。

また、私の経験として、監査というのは受験時代に想像したのと比べものにならないくらい幅の広いものです。一口に「監査」といっても、業種や規模が違えばそのアプローチは変わってきますし、自分が興味を持った分野が見つかれば、その道のスペシャリストを目指すこともできます。

みなさんの未来は、ご自身で思う以上に大きく広がっていますので、希望を胸に合格目指して付き進んでください。いつか一緒に働ける日が来ることを心から願っています!!

Return Top