Read Article

【先輩訪問記】有限責任 あずさ監査法人 駄場崎 潤 さん

有限責任 あずさ監査法人 駄場崎 潤 さん
1979年生 愛媛県出身 獨協大学経済学部卒
2006年公認会計士試験合格後、あずさ監査法人(現有限責任 あずさ監査法人)に入社し、主に国内企業を対象とした監査を中心に活躍中。

 

公認会計士の魅力について

公認会計士の業務は独占的業務である監査業務ができることが特徴としてあげられます。公認会計士の魅力の一つとして、この監査業務を通じて様々な会社を見ることができ、たくさんの人に出会うことができる点があると思います。往査する会社ごとにビジネスや組織文化が異なりますし、そこで出会う方々にも様々な人がいます。「監査(Audit)」という言葉の語源は、聞くこと(audio)にあるとクレアールの監査論の授業で教えて頂きました。特に会計基準が目まぐるしく変わる昨今の状況の中で、クライアントの意見を聞き、あるべき会計処理について監査人としての意見を伝え議論をしていくことは大変な作業ですが、とてもやりがいを感じます。

また、監査はチームを組んで実施します。自らが担当する会社ごとに監査チームがあり、一緒に仕事をするメンバーも異なります。監査は自分一人でできるものではなく、監査チーム全体で情報を共有し、リーダーシップを発揮し監査目的を達成するために業務遂行をしていく必要があります。クライアントだけでなく、監査チームにも個性があります。個性的な上司や部下と仕事をすることは刺激的で、学ぶこともたくさんあります。担当するクライアントごとに上司や部下が替わるということは、一般の事業会社にはない監査法人の特徴であり、面白いところだと思います。

現在の主な業務内容

私は現在、製造業を中心に上場会社2社、株式公開準備会社2社を担当しております。

駄場崎 潤 さん

上場会社では、年度の財務諸表監査、四半期レビュー業務及び内部統制監査を行っています。私は入社して4年目であり、財務諸表監査やレビュー業務で担当する勘定科目も会計上の見積りを伴うもの等の重要な科目が多くなりました。また連結子会社の往査を任されることもあります。内部統制監査では被監査会社の支社や工場に出張することもあり、会社の業務プロセスを理解し内部統制の状況を評価します。

また、株式公開準備会社では、上場支援のアドバイザリー業務を行っています。アドバイザリー業務は、監査業務と異なりどちらかというと会社側の立場に立って助言を行います。会計面だけではなく、会社の内部統制等の管理面についても助言を行うのが特徴です。会社の状態に合わせて、効果的で効率的な業務遂行がなされるように問題点を把握・分析して、それらの解決につながるような措置を提示しています。

いずれの業務も、聞くことと伝えることが基本になります。入社した当時は右も左もわかりませんでしたが、徐々に経験を積み業務のポイントも理解できるようになってきました。監査はチームプレイですので、経験の浅いスタッフの指導をしたり、問題点は適時に上司に報告したりと効率的な業務遂行に資することができるようになったと思います。現在は3カ月ごとに四半期決算があり、特に年度の財務諸表監査では残業時間が長くなったり、休日出勤をしたりと体力的に大変な時もありますが、業務が終わった後は達成感や安堵感があります。至らないところも多々ありますが、クライアントから信頼され、より一層円滑なコミュニケーションを図ることできるよう努力していきたいと思います。

今後のキャリアプラン

日本企業の海外売上高比率の増加や円高のニュースが新聞を賑わしています。私が担当している会社にも海外子会社や支店を有している会社があり、また監査法人によるIFRS(国際財務報告基準)のアドバイザリー業務も盛んに行われており、ますます公認会計士に語学力が求められています。今後は語学力を向上させ、将来的に海外駐在をして国際的なビジネス感覚を身につけていきたいと考えています。

また、現在私は監査業務とアドバイザリー業務の両方を担当することができており、これはとても恵まれていることだと思います。英語の勉強とともにこれからも監査・非監査業務を問わず様々な業務に積極的に関与していきたいと考えています。

これから学習を始める方へ

公認会計士試験は2006年度から新制度となり、現在では短答式試験が年2回実施されるなど社会人の方も受験しやすくなりました。合格者数も増加していますが、一方で新会計基準が次々と公表されており、大変な試験勉強であることは変わりありません。私も何度か受験に失敗し、家族や友人を心配させましたが、諦めずに勉強を継続していけば必ず合格できる試験であることは間違いありません。

これから学習を始める方も既に学習を始めている方もどうか諦めずに勉強を続けて下さい。合格後の世界には、受験時代とは全く違う自分と世界が待っています。仕事をしていて辛い時もたくさんありますが、この仕事をすることができて私はとても幸せです。

皆さんの合格を祈っています。頑張って下さい。

Return Top