Read Article

【USCPAから公認会計士へ】浅井 勇一さん

今だからこそ公認会計士へ

浅井勇一さん

PROFILE
2009年公認会計士試験に一発合格。
1979年生まれ。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。大学卒業後、大手都市銀行などの勤務を経てクレアール水道橋校にて2007年より公認会計士試験の学習を開始する。現在は2010年1月より大手監査法人にて主に会計監査業務に携わる。

私は銀行員として働いている間にUSCPAを取得いたしました。USCPAを取得しようと思った動機は、海外赴任等、国際的な舞台で働きたいと考えていたこと、当時(2006年頃)はまだ日本の公認会計士の資格はハードルが高く、働きながらの勉強というのはとても無理だと思っていたことです。

このようなきっかけでUSCPAの勉強を始めたのですが、やがて日本の公認会計士の合格者が増加し、以前よりも合格し易くなりました。そうなると日本の会計業界でUSCPAのみで活躍するのは難しいのではないかと感じ、ならば日本の公認会計士を取得し、日本で会計士として働きたいという思いが強くなりました。そして、USCPA取得後すぐに日本の公認会計士の資格を目指すことにしました。私は当初、働きながら受験勉強をしようと考えておりました。今でこそ社会人を対象とした公認会計士のカリキュラムは一般的になっていますが、当時は社会人向けのコースというのは他の受験予備校では存在しませんでした。そこで、働きながらの受験勉強が可能なのかどうかをインターネットで情報収集したところ、非常識合格法に辿り着きました。非常識合格法の勉強方法のコンセプトを読んでいる内に共感を強く覚え、クレアールという学校で公認会計士の合格を目指すことを決意致しました。

今、日本の公認会計士試験に合格し、監査法人に就職し、日本の公認会計士という資格を目指して本当に良かったと感じており、これから、沢山の知識を習得し、本当の意味での会計のスペシャリストを目指し、信念を持ちがんばって行きたいと考えております。

Return Top