Read Article

【公認会計士試験合格体験記 働きながら短期合格!】「働きながら最小の勉強時間で公認会計士試験合格へ」 藤井 大祐さん

 

藤井 大祐さん

  • 働きながら短期合格

1.公認会計士を目指されるみなさまへ

この合格体験記を読んでいただいている方は、公認会計士を目指し、監査法人等で勤務されることを考えられている方だと思います。現在、監査法人の業界は完全な売り手市場であり、公認会計士はとても価値ある資格となっています。この状態は2021年ごろまで続くとの予測もあり、短期間での合格を目指される方にとって、私の合格体験記が助けになればうれしく思います。

2.公認会計士を志した動機・クレアールを選んだ理由

私が公認会計士を志した動機は、勤務先でさまざまな経営指標を目にする機会があり、会計の専門家としてそのような数字を理解し、改善する提案をできるようになりたいと思ったからです。勉強するうえでクレアールを選択した理由は、効率的な学習という言葉につられたのと(実際に受講してみると、本当に効率的で分かり易く、つられて間違いではなかったと思いました)、3.5年トータルセーフティコースというプランが、早期合格でキャッシュバックがあるなど、学習するモチベーションを保つことができると思ったからです(実際、このシステムは非常に素晴らしく、なかなか勉強する時間を作れない社会人にとって、やる気を維持することができる仕組みになっています)。

3.科目別学習方法

・簿記1、2、3級

クレアールのテキスト・講義映像が非常に素晴らしく、講義を一通り視聴し、予想問題集を解くだけで合格することができると思います。私は簿記の知識が全くない状態で勉強を始めましたが、3か月で簿記2級に合格できました。初学者が初めの段階でつまずくとその後の学習がなかなか進まなくなりますので、このクレアールのテキスト・講義映像は本当におすすめです。

・財務会計論、管理会計論

簿記の発展形であるこの2つの科目は、簿記の学習で基礎ができていればスムーズに学習を進めることができると思います。クレアールはこの2つの科目のテキストもコンパクトにまとまっています。この2つの科目については、問題集・過去問を解くなどのいわゆる手を動かす学習が非常に重要になります。問題を解けば解くほど点数が上がっていくので、この手を動かす学習が本当に重要です。

・企業法

この科目のクレアールのテキストは本当に素晴らしいです。分野別に記載がある基礎的なテキスト、条文の詳細な記載があるテキスト、問題例とその回答例があるテキスト、この3冊だけで短答・論文試験にすべて対応できます。企業法はこの3冊のテキストを通読し知識をインプットし、過去問や予想問題集を解くことで点数につながる書き方を習得すれば、合格点をとることは可能だと思います。

・監査論

この科目のテキストはさらに素晴らしく、テキスト1冊だけでほぼすべての範囲を網羅しています。この1冊を数回読んで、過去問や予想問題集でアウトプットの練習をすれば十分に合格点がとれます。私は2回目の論文式試験でかなりの高得点で監査論を科目合格することができました。

・租税法

この科目もテキストは2冊だけです。理論の問題はこのテキストを通読するだけで合格ラインに達することができると思います。一方、計算の問題は、手を動かす学習が重要になってきます。計算の問題は、過去から同じような形式で出題されておりますので、繰り返し問題を解き、パターンを学習することが大切です。また、租税法は範囲が広く、細かい論点を聞かれたりもしますが、そのような問題は他の受験者も解けませんので、基礎的な部分を確実に解ければ十分です。合格した試験では、私も全然できなかったと思いましたが、結果はそこそこの点数でしたので、あまり悲観的になることなく学習を進めることをおすすめします。

・選択科目(私は統計学を選択。他に経営学、経済学、民法が選択可能)

私は大学で理系の学部であり、数学が得意でしたので統計学を選択しました。高校で学習した確率(組み合わせ・順列・条件付き確率など)が得意だった方であれば、少しの学習で合格点をとることのできる統計学をおすすめします。それ以外の方は、受験者も多くテキストも充実している経営学を選択するのが無難かと思います。

4.クレアールをおすすめする理由

私は、勤務しながら公認会計士試験合格を目指していたため、なかなか学習時間を確保することができませんでした。そのため、映像講義もあまり視聴することができず、テキスト・問題集を使用した学習が中心でした。しかし、クレアールのテキストは重要な部分が凝縮されており、合格に必要な部分がすべて詰まった素晴らしいテキストとなっており、実際、テキストによる学習だけで合格することができたといっても過言ではありません。

そのため、最小の時間・学習で合格を目指したい方、学習時間の確保が難しい方、網羅的に勉強することに行き詰まりを覚える方に最良であると思います。

クレアールの講師の方々に感謝するとともに、お読みいただいた方の合格と、新しいキャリアの一歩となる助けとなればうれしく思います。

Return Top