Read Article

通関士・貿易実務の仕事

通関士は財務省認定の国家資格

多くの国では、生産技術の進んだ外国からの、安くて品質の良い製品の大量流入で国内産業が打撃を受けないように、産業保護のための「関税」を設けています。日本に輸入される貨物は、必ず財務省の管轄する税関を通り、輸入申告とともに関税申告をしなければなりません。輸出の場合も同様に税関を通ります。このような税関手続きをコーディネートするのが、「通関士」の仕事。財務省認定の国家資格であり、大きな責任と権限に裏付けされた本格的な国際派の資格です。

主要業務は輸出入の通関手続き

通関士の主な仕事は次の4つです。まず①「通関手続きの代理」があります。通関士は輸出入をする際、税関への申告・申請から許可・承認を受けるまでの手続きを行います。次に②「不服申立ての代理」です。申告に対する処分が違法や不当であった場合の税関長への「異議申立て」や、財務大臣への「審査請求」を行います。そして③「主張、陳述の代行」。通関手続きや異議申立て等について、税関に対し輸入者に代わって行います。最後に④「通関書類の作成代行」です。通関書類とは、税関や財務大臣に提出する書類のこと。輸入申告書・輸出申告書の作成、不服申立書の作成などがあります。

一般企業で通関士の知識を生かす

「通関士」として活躍するためには、通関業者に勤務し、通関部門に配属されて、かつ税関長の確認を受けなくてはなりません。しかし、通関士の知識は一般企業でも存分に生かすことができます。それは輸出入を必要とする会社です。商社やメーカー、百貨店などがそうです。通関手続きや輸入に関する税務の知識を生かせば、通関業者との交渉もスムーズになるため、そのような企業にとっては、通関士の資格を持っている人は非常に有用な人材との評価を受けます。つまり、通関士として仕事ができなくても、その知識は十分に生かすことができるのです。

通関士の活躍分野

通関士として活躍するためには

では、どこで通関士として活躍できるのかというと、それが通関業者です。通関業者と言っても専業の会社はほとんどなく、倉庫会社や運送会社が兼業しているケースが多いのが現状です。通関業者が通関業を営むには、「原則として営業所ごとに1名以上の通関士を置かなくてはならない」ということが通関業法に定められています。さらに、通関士には貨物を税関に通すための「通関書類の審査」「通関書類の記名・押印」という独占的に行う業務があるため、通関業務におけるその役割は不可欠です。航空貨物の取扱量が伸び続ける日本にとって通関士は、今後ますます必要とされる存在になるでしょう。

貿易業界への就職・転職に生かす

ビジネスの国際化が活発化して、海を越えてモノが出たり入ったりすることの多くなった今日、日本の輸出入申告書の件数は年間数千万件とも言われています。必然的に通関手続きも増え、貿易業界からのニーズは確実にあります。そのため、貿易に関係する会社への就職時には、通関士の資格は大きな武器となります。貿易業界を希望する大学生の方は、在学中に取得することが望まれます。また、社会人にとっても貿易業界への転職に有利に働くことでしょう。もちろん、資格があるというだけでは、即採用というわけにはいきませんが、この資格とヤル気があれば十分アピールできるはずです。

貿易実務検定試験

通関士とは違った、国際物流の業務を円滑に進めるための専門知識を問う資格「貿易実務検定」が、平成10年からスタートしました。貿易業界で働く人の貿易実務能力・知識を客観的に判定する唯一の検定試験として、注目されています。貿易実務検定の知識は、直接通関業務に携わって通関士をサポートする時や、売買契約や商品の保険加入時に必要です。さらには、貿易英語も身に付けられるため、輸出入に関わるあらゆる業務に役立ちます。通関士を目指す人が併せて取得すれば、将来への大きな足がかりとなるでしょう。

 

貿易業界の仕組み(輸入の場合)

貿易業界の仕組み

 

ミニミニ用語集

通関とは

外国から入ってきた貨物は一旦、保税地域に入れられる。税関に輸入申告をして検査を受け、関税を納め許可がおりる。その一連の流れを「通関」という。

通関業者とは

通関業務を一手に引き受けているのが通関業者。専業で行っているところはあまりなく、倉庫会社や陸上・港湾・海上・航空の運送会社が兼業で営んでいるケースがほとんど。

保税地域とは

海外から到着した貨物を通関手続きなどをする間、関税や消費税を課税しないで一時的に保管しておく場所のこと。保税蔵置場、保税工場、保税展示場等がある。

通関業法とは

通関業の仕事をする上で最も基本的な法律。通関業務の定義、通関業の許可や営業区域、通関士の資格や義務などが定められている。試験科目のひとつでもある。

Return Top