Read Article

貿易実務検定 試験ガイド

 

受験資格

学歴、年齢、経歴、国籍などの制限は一切なし。誰でも受験することができる。

試験内容

B級 科目 時間 配点 形式
貿易実務貿易と環境、貿易経済知識、
貿易の流れ、貿易金融、貿易書類、
貿易法務、通関知識、貿易保険、
外国為替(基礎)、港湾知識(基礎)、
航空貨物(基礎)、クレーム(基礎)
105分 150点 正誤(○×)式 10問/30点
選択式 15問/45点
語群選択式 15問/45点
四答択一式 10問/30点
貿易マーケティング(基礎) 50点 正誤(○×)式 10問/20点
選択式 5問/20点
四答択一式 5問/10点
語群選択式 5問/10点
貿易実務英語商業英単語、英文解釈 60分 100点 英文解釈 10問/30点
和文英訳 3問/ 9点
主要用語 8問/16点
英文ビジネス文書 15問/45点
C級 科目 時間 配点 形式
貿易実務(基礎)貿易と環境、貿易経済知識、
貿易の流れ、貿易金融、貿易書類、
貿易法務、通関知識、貿易保険、
外国為替、マーケティング知識
90分 150点 正誤(○×)式 10問/30点
選択式 15問/45点
語群選択式 10問/30点
三答択一式 15問/45点
貿易実務英語(基礎)商業英単語、英文解釈 45分 50点 英単語 10問/20点
英文和訳 10問/20点
英文ビジネス文書 2問/10点

試験のスケジュール

試験実施日 願書受付期間 実施試験
2016年12/4(日) 2016年10/4(火)~11/18(金) A・B・C級
2017年3/5(日)〔予定〕 2017年1月上旬〜 B級・C級
2017年5/14(日)〔予定〕 2017年3月中旬~ C級
2017年7/2(日)〔予定〕 2017年5月中旬~ B級・C級
2017年10/1(日)〔予定〕 2017年8月中旬~ C級

合格基準点

  • B級…210点(70%)を基準として試験委員長の定める点
  • C級…160点(80%)を基準として試験委員長の定める点

B級「貿易マーケティング」科目免除

国際実務マーケティング協会主催の「マーケティング・ビジネス実務検定」C級もしくは、B級試験に合格された方は、次回及び次々回の貿易実務検定B級試験の「貿易マーケティング」科目が免除となります。

C級「貿易実務英語」科目免除

C級貿易英語で80%以上の成績(50点満点中40点以上の方)を修められた不合格者は、次回、次々回及び、次々次回実施(計3回分)のC級試験における、「貿易実務英語」科目が免除となります。

受験会場

埼玉、東京、横浜、千葉、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄など

お問合せ先

日本貿易実務検定協会事務局

貿易実務検定試験のココがポイント

貿易実務 編

C級の貿易実務は、貿易取引の全体像と必要な実務、書類の知識等の基本的な知識が問われます。B級もC級と出題範囲はほぼ同じですが、その実務について問われる知識が深化し、かなり細かい手続きや法的根拠、書類の知識などが問われ、難易度が増しています。しかし、両級とも選択式の問題であり、講義で挙げた出題ポイントを正しく理解していれば、合格基準点は確実にクリアできます。

貿易実務英語 編

C・B級とも、講義の中で説明する商業英単語をしっかり身につけ、ビジネスレターや貿易書類のフォーマットを理解していれば、確実に得点できます。英文解釈に関しては、中学レベルの英語力があれば十分対応できます。

Return Top