ステップアップ

宅地建物取引士試験から司法書士試験にSTEP UP

司法書士試験と宅建主任者試験は試験科目ではダブルライセンスを取得する事により業務領域が大幅に拡大します。 どちらも「民法」が共通科目となっており、実務面でも司法書士のメイン業務である登記業務(不動産登記)で宅建の知識を活用できます。

試験ガイド

試験ガイド ~宅地建物取引主任者から「宅地建物取引士」へ

宅建試験の合格ラインは概ね7割です。満点を狙って膨大な学習範囲の全てを学習するのではなく、合格基準点クリアを狙う勉強法が最も効率的で短期的に合格をといえます。そのためには、やみくもに全てを覚えようとするのではなく、試験に出るところや重要ポイントに絞って学習することが、合格するための秘訣と言えます。

Return Top