Read Article

非常識合格法

過去の出題傾向を隈なく分析し、合格のために必要十分なターゲット論点だけに学習範囲を厳選。この部分の徹底習得に向けた学習時間の傾斜配分を行う「選択と集中」の実践。この受験戦略こそ最も効率的に合格ライン突破が狙える「クレアールの合格メソッド」です。中小企業診断士試験は、確実に60%が確保できれば合格できる試験です。正しい学習法さえ実践することができれば、どなたでも確実に60%以上は確保できます。

非常識合格法がなぜ評価されるのか?
なぜストレート(1回)で合格できるのか?
その理由は「相手を知り(分析)」 「己を知る(学習法)」ことにあり!

「彼を知り、己を知れば、百戦して殆うからず」かの有名な「孫子」謀攻篇からの引用です。診断士試験は、広範に渡るビジネス全般知識の習得度が試され、且つ(2次)記述式対策も講じなければなりません。また、受験者層のほとんどが多忙なビジネスパーソンで構成されている特性を鑑みた場合、戦略なき学習プランではただ闇雲に学習時間を費やすだけに終わってしまいます。クレアールの「非常識合格法」は、試験改正後(H13年度)16年間の試験問題・出題傾向を徹底的に分析。「やるべきところ」「やるべきでないところ」を明確に区分けしているので、無駄な学習時間を大幅に短縮できるだけでなく、合否を左右するコア部分については十分な反復学習が可能となります。まず相手をしっかりと分析し、合理的な手段をもってすれば、どなたでもゼロから始めてストレート合格(短期合格)が可能であることを、過去のOB・OGが証明してくれています。

3つの「合格のツボ」

分析
中小企業診断士の1)過去問題の徹底分析と、2)出題傾向の徹底検証による膨大な情報ストック(過去問重点主義)から解析した「合格必要得点範囲」の絞り込み。
集中
極めに極め絞り込んだ「合格得点必要範囲」をテーマ別・レベル別にセル単元化した「ターゲット論点」として再編成し、ここにカリキュラム・講義・教材の全てを集約。学習上の「選択と集中」「傾斜配分」が可能となり「学習の自己最適化(Self Optimization)」が実現。
反復
合否に左右する重要論点は、反復学習の機会を増やし、頻出論点で失点しないよう目標得点の確度を極限まで向上。記述式対策(2次)は択一式対策(1次)との並行学習で早期にシナジー効果(1次2次連立合格方程式)が発揮。

 

分析  本試験を分析すれば、自ずと学習方法が見えてくる

高得点を取るための学習ではなく、合格のための学習を行う

出題範囲をもれなく学習することの弊害は、①「相当な勉強時間が必要になること」、②「合格に必要な基本事項の学習が疎かになること」にあります。
クレアールでは、基本知識を確実に習得し「難問・奇問以外はミスなく正解すること」を目指します。例えば、2016年度の経済学・経済政策では、Aランク問題(※難易度が低く且つ合格するためには絶対に落してはいけない最重要ランクの問題)48 点(12問)、Bランク問題(※難易度が中レベルで且つこの問題を確実に得点できれば合格圏内を確実にする重要な問題)40点(10 問)、Cランク問題(難易度が高く且つこのレベルまで勉強しようとすると相当な勉強量が必要になる重要度の低い問題)12点(3問)でした。
科目別にみると、毎年、極端に難しく、科目合格率が低い科目が1科目程度あります。しかし、基本的にはAランクとBランクの問題を確実に正解できれば合格点は取れるのです。

 

 

 

集中  学習範囲の「選択と集中」で必要部分を徹底的に習得

早期の記憶定着による強い自信と更なる意欲が漲る

クレアールの学習範囲
合格のために最小限必要とされている範囲が16年分の過去問(今年度より全ての過去本試験問題を重要度別に完全掲載)から抽出した「合格必要得点範囲」。クレアールでは、この範囲を更にテーマ別・レベル別に「セル単元化」として編成したものを「ターゲット論点」と表現しています。このベースとなりうる基本知識をしっかりと習得し、演繹力・推論力・表現力の働く確固たる解答力を構築することが合格への近道であるものと考えます。また、学習上の「選択と集中」「傾斜配分」が可能となることで「学習の自己最適化(Self Optimization)」が実現いただけます。
一般的な学習範囲
診断士試験の出題範囲は膨大で、全てをやり切るには時間と労力の負担が増大し、短期間で全ての範囲を隈なく網羅できる方はほんの一握りでしょう。また、学習範囲を広げることへの弊害として、合格に必要な基本事項の習得が疎かになってしまうところにあります。結果的に消化不良や最悪の場合、途中断念も余儀なくされるケースも多く聞かれます。

集中  テキストも合格に必要な部分だけを抽出

合格に必要な重要論点のみを凝縮した、薄いテキスト

クレアールの場合

非常識合格法による学習(ローリスク型)

非常識合格法では、合格だけに的を絞り、学習範囲を見極め、講義を展開。それにより、テキストの掲載分量を抑えることが可能となり、この厳選した内容のテキストだけを学習すれば合格できるように構成しています。それにより、限られた時間の中、絞り込まれた「ターゲット論点」を様々な角度から吟味・検証していくことが可能となり、あいまいな知識ではなく本試験で威力を発揮するための確実な知識力・演繹力・推論力・表現力を身につけることができるのです。

他校の場合

一般的な学習(ハイリスク型)

出題範囲をすべて網羅することを目的に編集されているため、一般的なスクールでは、相当分厚いテキストを使用しているようです。その結果、高得点が狙える一方で受験生がテキストのボリュームに圧倒され、途中で挫折したり、消化不良をおこすといったようなリスクが高いことも事実です。また、メインの講義だけでなく、さまざまなオプション講義が設定されているので、その分のテキストを併せると相当の冊数となってしまいます。

 

反復 「1次2次連立合格方程式」で記憶力・記述力の双方をワン・ストップ・フォロー

記憶の定着サイクルが早期化され、絶大なシナジー効果が発揮される

1次試験の企業経営理論、運営管理、財務・会計の3科目は2次試験への直結科目でもあるため記憶の定着サイクル(記憶力向上)を早めるには1次2次並行学習が有効的です。また、クレアールの2次試験対策は、実際に合格された方々の答案をもとに模範解答を作成しています。記述マスター講義では1次試験とのシナジー効果を高め、2次対策答練では多角的に分析した切り口・思考プロセスからそれぞれの課題・克服ポイントを明示した添削指導を個々に行います。早い段階から実践力の高いトレーニング(記述力向上)を徹底的に反復させることで、学習精度が高まります。

Return Top