Read Article

教室講義以上の学習効果「映像学習の強み」

時間的効率性・経済的効率性を最大に活かし、短期合格を狙う!

「映像」スタイルは、自分でいつでも時間を調整して学習することができ、何度でも繰り返すことが可能。教室講義以上の学習効果を得られることが大きな強みです。教室受講の場合、「聞き逃した!」「1度聞いたけど理解できなかった…」というケースが絶えずあり、再度聞き直すことがその場ではできず、学習の遅れからモチベーションが下がり、勉強をやめてしまうことがよくあります。映像学習なら、そのようなことでモチベーションは下がりません。

 

映像学習のサクセスストーリー

 映像だから、内容を逃さない!

映像だから聞き逃しがない。時間を問わず、気になった時にすぐ振り返られる。その後の講義受講予定もブレにくい。

 教室講義だと…、聞き逃しや理解できない部分があった時点でアウト

教室講義で講義を途中で聞き逃すと、そのまま内容がわからなくなる可能性大。結局、後日改めてDVD視聴等でフォローしなければならない結果になり、その受講時間が大きなロス。

 

 映像だから、理解度が高まり記憶に残りやすい!

パワーポイントを中心とした講義だから理解しやすく、記憶に残りやすい学習が可能。

 教室講義だと…、板書を写すことに集中して、「理解する」という部分が欠如

本来、講義時間で内容が完結され、復習に繋がるはずが復習時間が講義内容の確認に終始。

 

 映像だから、倍速機能でスピーディに学習! PCは2倍速対応 音声は1.5倍速対応

Webを使用した映像学習は、いつでもどこでも学習できるといったメリット以外に、倍速機能で学習時間の短縮に繋がる。

 教室講義だと…、長時間拘束される講義となり、集中力を欠いてしまう恐れが生じる

人間の集中力の限界は1時間程度であり、1回3時間もの講義時間をすべて集中して受講することは至難の業。

 

 映像だから、一流講師の講義を全国統一で!

一流の指導講師の講義を全国統一で、すべての皆様に同一の講師の講義をご提供。

 教室講義だと…、講師の力量がバラバラで統一性がない

教室講義が主体となっている全国展開の予備校は講師の力量の差によって校舎によりレベルが異なる。自分が受講する講師は? 統一性がなく心配。

 

 映像だから、教材は合格必要得点範囲に限定したテキストを使用!

各科目とも膨大な量となる社労士試験の学習範囲を、綿密な分析により、「合格必要得点範囲」に限定。無駄のないコンパクトな教材をご提供。

 教室講義だと…、テキスト以外に、講師がそれぞれオリジナルレジュメを作成

同一範囲の教材があるにも関わらず、講師ごとにオリジナルのレジュメを作成、校舎ごとに異なる講義が行われる。

 

 映像だから、受講料もリーズナブル!

合格可能性が高まる上に、受講料もリーズナブルな価格が可能に。

 教室講義だと…、高額な受講料に。量も多すぎて消化不良で失敗する可能性も

無駄に受講料が高い上に、消化不良で失敗する可能性が高い。

Return Top