Read Article

公務員試験ガイド

受験を決意したら、まずは試験の詳細を押さえましょう!

さまざまな公務員の種類

公務員には数多くの種類があります。大きく分けると「国家公務員」「地方公務員」の2つに分類でき、国の機関あるいは地方公共団体に属するさまざまな種類の仕事をしています。

公務員の種類

 

試験区分と職種

区分について

地方自治体で行われる採用試験の募集区分には、「大卒程度」「高卒程度」「社会人経験者枠」などがあり、受験資格や試験日程、試験内容、募集状況も異なります。区分の名称が統一されていないため、わかりづらく感じることもありますが、右の「試験区分」では、区分の名称と位置づけを整理していますのでご参照ください。

試験区分と職種

※受験資格は一般的な例を記載していますが、受験先によって異なります。
※「大卒程度」の区分であっても受験資格は学歴不問とされることが殆どです。

職種について

公務員の職種は、行政職(「行政事務」「一般事務」「事務」)をはじめ、心理職、福祉職、技術職、公安職、資格免許職など、仕事の種類が多岐に分かれています。

※職種によって試験内容が異なり、受験先によって募集している職種は異なります。

 

公務員試験の概要

公務員として採用されるためには、様々な種類の試験に合格することが必要です。筆記試験では「択一試験」「記述試験」が行われ、二次試験以降では人物試験が行われることが一般的な流れとなります。

出願から採用までの流れ

出題から採用までの流れ

※1=国家公務員試験では「基礎能力試験」と表記。 ※2=専門記述は、試験によって実施の有無がある。 ※3=官庁訪問は、国家総合職、国家一般職のみ行う

試験の出題科目

試験の出題科目

試験タイプ一例

試験タイプ一例

①=一次試験で実施 ②=二次試験で実施 ①or②=試験によって実施の時期が異なる △=自治体により実施

 

あなたが受けられる試験は?

区分ごとの受験資格について

公務員試験の募集区分には「大卒程度」「高卒程度」「社会人経験者枠」など、様々な区分が設定されていますが、区分ごとの受験資格は概ね年齢によって定められており、「大卒程度」と言っても学歴不問とされていることが殆どですので、大学を卒業していない方でも大卒程度の試験を受けることが可能です(経験者試験の場合は職務経験年数も受験資格に含まれます)。自治体によって受験区分の分け方は異なりますが、参考までに一部自治体の採用区分と、区分ごとの受験資格をご紹介します。

区分ごとの受験資格

※受験資格は2013年実施データに基づいて記載しておりますが、変更されることもございます。

自治体別年令上限

大卒程度試験の年令上限は自治体によって異なります。ここ数年、年令上限も緩和傾向にあるため、20代後半以降の方でも一般枠を受験することができます。

自治体別年齢上限

地方自治体別 募集職種一覧

地方自治体では様々な職種区分の募集を行っているため、行政職以外の職種で受験する場合は志望する自治体の募集状況を確認しておく必要があります。下の表は2013年に全国都道府県で行われた大卒程度試験の募集職種一覧ですので、受験先でご自身が選択する職種の募集を行っているかをご参照ください(実施年度によって募集する職種・人数は異なります)。

●都道府県庁

自治体行政建築土木機械電子
電気
情報
心理福祉
北海道   
青森県  
岩手県
宮城県  
秋田県  
山形県
福島県   
茨城県
栃木県 
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
Ⅰ類B
神奈川県  
山梨県研究 
長野県 
新潟県 
岐阜県
静岡県医療
愛知県
三重県 
富山県  
石川県
福井県
滋賀県   
京都府 
大阪府  
兵庫県
奈良県  
和歌山県 
鳥取県    
島根県 
岡山県   
広島県
山口県  
徳島県 
香川県
愛媛県  
高知県  
福岡県   
佐賀県   
長崎県    
熊本県 
大分県   
宮崎県
鹿児島県    
沖縄県

●政令市

自治体行政建築土木機械電子
電気
情報
心理福祉
札幌市 
仙台市
さいた
ま市
 
千葉市
特別区 
横浜市 
川崎市
相模原市 
新潟市
静岡市 
浜松市 
名古屋市 
京都市 
大阪市 
堺市
神戸市 
岡山市
広島市
福岡市
北九州市
熊本市 

 

Return Top