専門知識ゼロから独立開業できる!


専門性の高い知識を活かし、独立開業をするうえで、法律系資格の取得はおすすめの選択です。なぜなら、法律は私たちの生活や社会全般に密接しており、様々な問題解決に法律の知識が 必要とされているからです。つまり、法律の知識を活かす場面が多ければ多いほど、その専門家が活躍するフィールドが広くなるのです。

司法書士という選択


法律の専門家…というと真っ先に思い浮かぶのが「弁護士」ですが、ここで皆様にご紹介させていただく仕事は司法書士です。

司法書士とは…

司法書士とは、登記、供託及び訴訟等に関する手続の適正かつ円滑な実施に資し、もつて国民の権利の保護に寄与する事を目的とする職業、またはその資格者である。


司法書士は、上記の通り司法書士法で定められた職業であり、法律の専門知識を必要とする国家資格です。その主な業務には以下のようなものが挙げられます。

登記業務

登記業務

司法書士の中心的な業務です。不動産登記とは皆さんの大切な土地や建物に関する取引(例えば、家を新築したりマンションを購入したとき)の際にその旨を登記記録に記録して社会に公示する事で、取引の安全を守る制度です。商業登記とは、例えば、株式会社設立やお店の開業の時にその内容を登記記録に記録するものです。一般の人に公示することで、会社を巡る取引の安全を実現する制度です。

訴訟業務

訴訟業務

裁判所や法務局、検察庁に提出する申立書などの書類を作成する業務で、例えば、家主が一方的に家賃の値上げを通告した時に起こす訴訟や、戸籍に誤りがあった場合の戸籍訂正の申立書の作成、名誉毀損罪や詐欺罪などの告訴状の作成などがあります。また、平成14年、これに加えて認定を受けた司法書士は、簡易裁判所において訴訟代理人として法廷に立つことができるようになりました。

成年後見

成年後見

認知症の方や知的・精神障害のある方が、不動産の売買や遺産分割協議、銀行預貯金の管理、または身の周りの世話のために介護サービスや施設への入所に関する契約を結ぶ必要があっても、正常な判断能力の低下によりこれらの事をするのが難しい場合があります。また、悪徳商法の被害にあう恐れもあります。このような判断能力の低下により不利益を被ることがないように保護する制度が成年後見制度です。

企業法務

企業法務

会社は、その企業活動において様々な法律上の問題に直面していきます。また、会社を取り巻く法律は、度重なる大企業の不祥事や急激な経済情勢の変化に合わせるように相次いで改正がなされており、コンプライアンス(法令順守)の重要性が高くなっています。これからますます複雑になってくる企業活動において、司法書士は企業法務のコンサルタントとしての役割が期待されています。

司法書士と司法書士試験のメリット


すぐに独立できる!

グラフ「合格から登録までの期間」

司法書士試験は、実務に直結した知識が問われるため、合格後すぐに独立開業できることが魅力と言えます。合格発表後1年以内に司法書士として登録される方を対象とした新人研修がありますが、ほとんどの方が合格された年に研修を受け、早期に司法書士としての仕事をスタートしています。(研修期間は概ね2ヶ月程度です)

女性が活躍できる!

グラフ「合格者男女比」

登記事務や成年後見事務など、司法書士の主要な業務は地域に密着した仕事ですから、育児をしながら仕事をすることが支障になるものではありません。また、司法書士が主導的立場に立ちつつも、関係者と協力的に仕事を処理する平和的な仕事ですから、当たりの柔らかい女性の特長を生かして活躍することができます。

年齢を問わず受験できる!

グラフ「合格者年齢分布」

2012年試験の最高合格者は65歳。40代以上の合格者は全体の1/4を占めます。色々ある国家資格の中でも比較的合格者の平均年齢が高く、またお持ちのネットワークを活用して、活躍されている方が多いのも魅力です。

社会貢献ができる!

グラフ「講義内容」

業務を通して社会貢献ができることはもちろんですが、「法教育」「消費者教育」といった観点からも社会貢献ができます。お持ちの経験値やスキルを社会に還元していく事ができるのも魅力の一つだと言えるのではないでしょうか?

実務家インタビュー


実務で活躍している司法書士の方々に、「司法書士の魅力」について迫ってみました。

幸津智美さん

子供の成長に合わせて仕事の内容を変えていくことで、
家事・育児との両立も可能。

【司法書士】幸津 智美 さん(トリニティ司法書士事務所)

→ 幸津さんのインタビュー記事を読む

武内純一さん

地元に密着し、
一人ひとりをサポートする司法書士を目指して。

【司法書士】武内 純一 さん(武内純一事務所 代表)

→ 武内さんのインタビュー記事を読む

対談「司法書士への道」

司法書士試験ガイド


司法書士試験の流れ

司法書士試験の流れ

筆記試験では、五肢択一形式で70問(午前と午後に各35問)、記述形式で2問が出題されます。筆記試験合格者のほぼ全員が口述試験に合格しますので、筆記試験が司法書士試験の本体といってもいいでしょう。出題範囲は憲法、民法をはじめとして11科目に及び、他の法律系の資格試験に比べてかなり広いものとなっています。また、午前と午後の択一式問題、および記述式問題にそれぞれ「合格基準点(足切り点)」が設定され、これらの三項目のうち一つでも基準に達しないものがあれば、合計得点にかかわらず不合格とされてしまうという試験制度上の難しさもあります。
しかし、出題される問題の大半は条文に即した重要論点の理解を問うもので、難解な知識が求められているわけではありません。 もちろん、誰もがすぐに解けるほど簡単な出題ではありませんが、適切な方法で学習をすれば、早ければ1~2年で合格に必要な力を身につけることは可能です。その意味では、司法書士試験は、日々の学習の成果がストレートに反映される試験と言えるでしょう。

→ 司法書士試験について詳しくはこちら

役立つ情報をお届けします!
司法書士講座資料請求

その他の法律系資格はこちら