Read Article

Vラーニングシステム

Vラーニングシステム

公認会計士試験は、個々人の能力によるというよりは、日々の学習の進め方如何により、合否が分かれる典型的な資格試験です。クレアールでは、ごく普通の方でも公認会計士試験に合格できる学習プランをご提供することを使命とし、「非常識合格法」に基づくカリキュラムにて学習を進めていきます。また、日々の学習は、「非常識合格法」の効果を最大限に引き出す「Vラーニングシステム」を使い進めていただき、合格に直結したより効率的・効果的な取り組みを行っています。

単元別講義

1回3時間だった1講義を、単元毎に1回60〜90分の講義に細分化

単元別講義の具体例

従来は、通学教室講義の制約上、1回3時間と決まった時間で講義を行っていたため、いくつかの単元が数回の講義にまたがるなど、予習・復習のしにくい構成になっていました。そこで、クレアールの「Vラーニングシステム」では、映像学習の利点を最大限活かし、1講義=1単元と単元毎に細分化・整理しました。また、1回の講義が、内容に応じて60分〜90分の講義で完結するので、ちょっとした空き時間を見つけて学習できるだけでなく、予習・復習のしやすいカリキュラムに生まれ変わりました。

「エビングハウスの忘却曲線」理論に基づいた、効果的な復習が可能

エビングハウスの忘却曲線

人間の記憶に関しての実験として有名な「エビングハウスの忘却曲線」というものがあります。それによると、人は1時間で56%、1日で74%忘却してしまいます。その事実を考えると、一度学習したことは、早い段階で復習することが効果的であることがわかります。そのため、クレアールでは、単元別講義を行っています。

1単元(60分~90分)の講義時間になりますので、講義視聴後に内容を整理するだけで、記憶の定着が大きく向上します。また各単元は、関連する論点で組み合わせた単元になっており、単元ごとの学習により、必要学習論点の相互関連性の理解が深まり、記憶定着化の促進が図れる工夫が施されています。

単元別ユニット制

効果的に2回復習ができる

記憶の定着の観点から単元ごとに、確認テスト、過去問題をセットとした単元別ユニット制を導入しました。1ユニットを学習することで、講義視聴→確認テスト→過去問題と短期間に2回の復習を実施することで、より効果的・効率的に知識の定着が図れます。

効率的な間隔で復習を行う

効率的な記憶定着の観点から、復習する際には、1週間後・2週間後・1か月後にすることが効率的な復習間隔といわれています。すなわち復習は、効率的な間隔で行うことで、より長期的な記憶として定着されます。復習する際には、繰り返すことも重要なポイントです。

Web学習が最適

クレアールでは、適度な間隔で、効率的に学習できるよう、いつでもどこでも学習できるWebで学習できる教材をご用意しております。

単元別ユニット制

単元別確認テスト

確認テストは、テキストの内容の重要論点を穴埋め形式や○×問題で出題していきます。「読書百遍義自ずから見る」ではありませんが、確認テストを繰り返すことで、知識の整理や記憶の強化が図れます。

スピーチ課題

短答式試験では、正誤の判断スピード、論文式試験では記述の正確さが要求されることより、記憶の定着のための手段として、スピーチを推奨しております。確認テストとスピーチを活用することで、より効果的・効率的な記憶の定着をはかることが可能です。

単元別過去問題

過去問は、試験傾向を知るための宝庫になります。昨今、短答試験を中心に類似問題や同一論点の問題が出題されるケースが多いことを考えますと、過去の問題を解くことの重要性は、年2回の短答試験になってますます増加しています。過去問を早い段階で解くことは、自分の実力を知ることができる、自分の弱点を把握できるなどのメリットがあります。過去問に取り組んだ結果、重点をおかなければならないポイントがわかることで、効率的・効果的な復習が可能になります。

解法マスター講義

問題を解けるようになるための講義

公認会計士試験は、たくさんの問題を解くという量の学習は必要でありますが、短期合格や時間に制限のある受験生には、決して効率的な学習法ではありません。短期合格を果たすためには、科学的で効率的な学習方法を取り入れる必要があります。

クレアールでは、一般的な講義を受講して答練を受講するという流れではなく、講義と答練の間に解法マスター講義を実施しています。解法マスター講義では、過去問を題材にして、問題の構造や出題パターンを確認しながら、問題を解く際の解法のテクニックや解答を導くまでの思考プロセスを学習していきます。解法マスター講義により解法テクニックや思考プロセスを短期間で確立することが可能になり、量的な学習によらない、効果的な学習が可能になります。

解法マスター講義

スキマ時間有効活用法

いつでもどこでも時と場所に応じた学習スタイル

如何に人より多くの学習時間が確保できるかが合格のカギとなることは間違いありません。クレアールではいつでもどこでも学習ができるよう、音声講義(MP3)ダウンロードを標準装備。通学時間や通勤時間、移動時間、または外出先での空き時間などにデジタルオーディオプレイヤーでいつでも学習可能です。また、クレアール独自のスピーチ課題をスマホで学習できるようになります。

外出先では1.5倍速音声講義学習

クレアールでは、講義映像以外に、全ての講義の音声データ(MP3形式)がダウンロードできます。携帯音楽プレーヤーに転送すれば、通勤・通学途中の電車の中やカフェなど、外出先でも学習可能。こま切れのスキマ時間を有効に使えます。Webからのダウンロードの他、オプションDVDにも音声講義が収録されていますので、Webと同様にデジタルオーディオプレイヤーで聴講できます。

学習時間を2/3に短縮!

「音声で講義を聴いていて、早聴きしたいと感じたことがある」という方、「自分の持っているプレーヤーには倍速機能がない」という方の声にお応えして、1.5倍速音声データを収録しています。「聴いていない講義がたまってきたが学習時間が足りない…」という方も、ぜひスキマ時間に1.5倍速学習をお試しください。

スマホを活用したスピーチ

非常識合格法の特徴であるスピーチがスマートフォンを利用して学習できます。更にいつでもどこでも学習できます。思わぬ空き時間にもスマホさえあれば学習できます!

スキマ時間を活用した、1日のスケジュール例

先輩合格者もオススメです!スキマ時間有効活用法

往復3時間半の通学に要するスキマ時間も有効活用!

土橋 英泰 さん  明治大学出身

私は通学に1時間半以上、往復で3時間半前後かかっていたので、この時間も勉強に充てました。主に監査論や企業法などの理論科目のスピーチ等でスキマ時間を有効活用しました。

Return Top