「今後のIFRS(国際財務報告基準)への動向」 関西大学名誉教授・公認会計士・税理士 大倉 雄次郎

「今後のIFRS(国際財務報告基準)への動向」 関西大学名誉教授・公認会計士・税理士 大倉 雄次郎

今、世界中に国際財務報告基準(IFRS)が各国への浸透を始めています。日本でも2009年6月より金融庁が国際財務報告基準(IFRS)の採用に向けて大きく動き出しており、今後の動向が気になります。今回は、国際財務報告基準の今後を、関西大学名誉教授であり、公認会計士・税理士として実務にも精通しておられる大倉雄次郎先生にお話...

「公認会計士」への道 21世紀の会計システム

「公認会計士」への道 21世紀の会計システム

  前公認会計士試験委員 甲南大学大学院教授 河崎 照行 profile 1950年山口県に生まれる。1979年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。経営学博士(神戸大学)。1992年-1993年米国テキサス大学客員研究員。 1978年甲南大学経営学部助手、その後、専任講師、助教授、教授となり、現在、甲南大...

公認会計士試験委員特別インタビュー 田中建二さん

公認会計士試験委員特別インタビュー 田中建二さん

公認会計士は、その主要業務である会計監査という仕事を通じて資本市場の健全な発展に寄与しているという意味において、公共の利益に貢献しているのです。

「企業の求める人材と公認会計士試験」大倉雄次郎さん

「企業の求める人材と公認会計士試験」大倉雄次郎さん

第一に、起業家精神です。これは自分の仕事がどんなに小さなものであってもその仕事を自分で事業として創出していく。生み出して、拡大して、成長させていくというマインドが求められている。

国際的な公認会計士を目指して

国際的な公認会計士を目指して

[特別寄稿] 国際的な公認会計士を目指して   公認会計士元試験委員 法政大学会計大学院教授 1948年長崎県にて生まれる。1976年明治大学大学院商学研究科博士課程修了。その後、八幡大学(現在、九州国際大学)、日本経済短期大学(現在、亜細亜大学)、国士舘大学を経て、2004年法政大学教授、現在に至る。 会計学博士。財...

Return Top