正答率50%以上の問題が解ければ合格できる

正答率50%以上の問題が解ければ合格できる

公認会計士試験の実態試験の実態を分析すると不得意科目を作らない学習法が正しい公認会計士試験は、実は一般的に使用されている市販の書籍や各予備校のテキストに掲載されている共通事項だけを応用していけば、75%は正答することができます。総得点率で短答式試験は70%(実施回により変動)、論文式試験は52%となっており、実際に受験...

公認会計士の就職状況

公認会計士の就職状況

新聞報道等で就職問題がクローズアップされましたが実際はどのような状況かは気になるところです。例年は、監査法人への就職が大半を占める中、今年は、監査法人以外にもコンサルティングファームや監査を実施している会計事務所等に就職をされる方もおられ、就職先の広がりが見えました。

公認会計士の仕事

公認会計士の仕事

監査業務 公認会計士の仕事は、まずは監査業務であり、法廷監査は公認会計士の独占業務である。監査業務は、企業の決算書類が正しく作成されているかどうかをチェックし、監査報告書を作成します。これは、公認会計士だけに認められた業務です。その他に、学校法人監査、地方自治体監査、システム監査、さらに環境監査など監査業務はますます広...

公認会計士試験ガイド

公認会計士試験ガイド

公認会計士試験概要 公認会計士試験の流れ(平成27年度) 公認会計士試験科目 (平成27年度) 過去5年間の合格者推移  日本三大難関資格と言われた時代に終わりを告げ 受験しやすく、努力が報われやすい試験に! 今後、国際会計基準(IFRS)等新たな業務への対応の必要性もあり、 2017年とも2018年とも予測されている...

仕事

公認会計士の魅力

難関資格といわれている公認会計士は、合格すれば多くのメリットややりがいのある仕事でいっぱいです。こちらではクレアールで学んで合格された多くの方に「公認会計士の魅力」についてうかがった際の回答をまとめました。

仕事

公認会計士の収入

  公認会計士の収入ですが、監査法人の管理職的な立場の方であれば1,500万円~2,000万円。独立されている方のお話しを聞くと収入差はあるものの、多い方で2,000万円~3,000万円になると言われています。 公認会計士年収統計 平均年収 … 817万円(年間賞与含む) 男性平均年収 … 833万円(年間賞...

試験ガイド

公認会計士試験の概要と効果的な学習方法

皆様方は、絶対に公認会計士になりたいがどうしたら合格できるのだろうか、合格にあたってどんな勉強方法が最善の方法なのだろうか、難しい資格と言われているが自分には合格できるものなのだろうか、はたまた、そもそも自分が勉強についていけるものなのだろうか、等々それぞれに、色々な思いがお有りの事と思います。 確かに公認会計士試験は...

試験ガイド

公認会計士試験の実態

公認会計士は超難関と言われていますが、本当は誰でもが合格できる可能性が高く、価値の高い資格です。

よくある質問

よくある質問

学習を始める前に、もっといろんなことを聞きたい、相談したい…。皆様から多くいただいた質問をまとめてみました。ぜひ、学習のご参考にしてください。

他資格取得者・公務員から公認会計士へ挑戦

他資格取得者・公務員から公認会計士へ挑戦

今、公認会計士試験合格に向かって歩き出された方に受験を目指されたきっかけを伺ってみました。 中小企業診断士⇒公認会計士 私が会計士を目指す理由はベンチャーファンド業務の担当者として、仕事の専門性を高めたいと考えたためです。私は現在、中小企業支援センターに勤務 しており、中小企業診断士の資格は仕事と両立して学習し、昨年資...

公認会計士 vs  米国公認会計士 どちらを取得するか迷っている方はこちらを参考にしてください! 

公認会計士 vs  米国公認会計士 どちらを取得するか迷っている方はこちらを参考にしてください! 

  W取得されている先輩からのコメントはこちらです! 公認会計士 浅井さん 私は銀行員として働いている間にUSCPAを取得いたしました。USCPAを取得しようと思った動機は、海外赴任等、国際的な舞台で働きたいと考えていたこと、当時(平成18年頃)はまだ日本の公認会計士の資格はハードルが高く、働きながらの勉強と...

Return Top