Read Article

非常識合格法 - クレアール独自の効率的学習法

非常識合格法

非常識合格法は、「合格必要得点配点範囲」に徹底的に絞ったカリキュラムとそれに沿った「テキスト」「講師陣」、そして脳科学で実証されている暗記法「スピーチ」により、公認会計士のような難関資格でも確実に合格することができます。仕事や学校で忙しい方、経済的負担を少しでも抑えて効率良く合格を目指したい方に最適な学習方法となっております。

一般的なスクールの指導法 VS. クレアールの非常識合格法

一般的なスクールの学習法(指導法)は、試験範囲の大半の論点を網羅的に学習し、記憶ストックの幅に主眼を置いて解答力を養成していく①「ストック醸成型」の学習方法がほとんどです。

一方、クレアールでは、過去の出題実績論点と監査実務での頻出度等についてのマッチング分析から重要論点を絞込み、知識の幅はそこまでにしつつも、それについては徹底して正確な記憶を植えつけながら、問題事例でその知識ストックを素早く出し入れできる知識のフロー活用能力向上にトレーニングの力点を置き実力を養成していく②「コア論点集中特化型」の学習法を取り入れています。

学習時間の短縮化にも重点においた「コア論点集中特化型」で指導

もちろん、ともに長所短所はありますが『試験特性』×『学習法選択肢』から熟慮をした場合、②『コア論点集中特化型』の実践による必要十分な知識の正確な記憶とそれを基軸にした論理展開力、推論・活用力を徹底的にトレーニングしていくことが、公認会計士試験に臨む場合には、他のいかなる学習法よりも高い合格力を養う方法論である、とここで結論付けられる事と思います。

さらにかねてよりクレアールでは、理想の合格を目指していただくよう、科目毎の必要学習時間の短縮化と合格期間の短縮化を通じた受験生の生涯価値極大化への寄与についても学習指導上の重点使命と捉え、この観点からも『コア論点集中特化型』の学習指導の実践は重要と判断し、この取り組みを進めてまいりました。

そしてスクール・講師が一体となったこの受験指導の経験とさらなる共同研究・研鑽の積み重ねから産まれましたのが、当社独自の学習方法であります「非常識合格法」で、幸いこれまで十数年に渡り高い合格実績に基づき多くのご支持を頂戴してまいりました。

公認会計士試験における、非常識合格法の有用性

書籍やテキスト等で、共通して取り上げられている
基本論点で必要十分であるという事実。

各科目、本試験問題について、一般的に使われている市販の書籍や各予備校のテキストに記載されている共通論点(すなわち基本論点)だけを応用しながら本試験問題を解答すると、各科目とも、応用力や基本事項を読み替える活用力は必要となるものの、確実に75%は正答を導けるという結果が得られます。

このことより、『コア論点集中特化型』=「合格必要得点配点範囲」の実践による必要十分な知識の正確な記憶とそれを基軸にした表現力、演繹力、推論力の養成を徹底的にトレーニングしていくことが、公認会計士試験に臨む場合には、他のいかなる学習法よりも高い合格力を養う方法論であると考えます。

合格基準が総得点率で短答式70%、論文式52%である事実。

会計士試験の場合の本試験での合格基準は、制度上では総得点率で短答式70%、論文式52%となっており、これに科目別足きり制度がある、短答試験や科目合格に対して有効期間があるという試験の特性を考慮しますと、なすべき試験対策上の正しい学習方法は、得意科目を作るのではなく不得意科目を作らないようにする学習方法が有用であるといえます。

そのため、不得意科目を作らないカリキュラムの実現に向け、講師間や科目間でバランスの取れた指導時間配分が行なえるよう「一科目一講師制」や「教材作成講師と講義実施講師の同一制」などを徹底しております。不得意科目をつくらない講座になっています。

 

非常識合格法の特徴

学習範囲を限定し、その部分を徹底的に学習するクレアール独自の効率的学習法です。以下の3つの要素が「非常識合格法」の特徴です。

合格必要得点配点範囲
公認会計士試験の膨大な試験範囲から試験頻出範囲に絞り徹底的に学習します。
[合格必要得点配点範囲の詳細]
テキスト
合格に必要な論点だけに絞った薄型の教材を実現しました。
[テキストの詳細]
スピーチ
声に出すことで記憶を脳に定着させ、論文式試験でもスラスラ記述できます。
[スピーチの詳細]

 

Return Top