正答率50%以上の問題が解ければ合格できる

正答率50%以上の問題が解ければ合格できる

公認会計士試験の実態 試験の実態を分析すると不得意科目を作らない学習法が正しい 公認会計士試験は、実は一般的に使用されている市販の書籍や各予備校のテキストに掲載されている共通事項だけを応用していけば、75%は正答することができます。 総得点率で短答式試験は70%(実施回により変動)、論文式試験は52%となっており、実際...

公認会計士試験ガイド

公認会計士試験ガイド

公認会計士試験概要 公認会計士試験の流れ(平成27年度) 公認会計士試験 (平成28年度) 短答式試験 平成27年12月6日(日) 平成28年5月29日(日) 企業法 60分 管理会計論 60分 監査論 60分 財務会計論 120分 論文式試験 平成28年8月 19日(金)、 20日(土)、 21日(日) 1 監査論 ...

試験ガイド

公認会計士試験の概要と効果的な学習方法

皆様方は、絶対に公認会計士になりたいがどうしたら合格できるのだろうか、合格にあたってどんな勉強方法が最善の方法なのだろうか、難しい資格と言われているが自分には合格できるものなのだろうか、はたまた、そもそも自分が勉強についていけるものなのだろうか、等々それぞれに、色々な思いがお有りの事と思います。 確かに公認会計士試験は...

試験ガイド

公認会計士試験の実態

公認会計士は超難関と言われていますが、本当は誰でもが合格できる可能性が高く、価値の高い資格です。

よくある質問

よくある質問

学習を始める前に、もっといろんなことを聞きたい、相談したい…。皆様から多くいただいた質問をまとめてみました。ぜひ、学習のご参考にしてください。

Return Top